アシックス トレーニングシューズ メンズ


パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

オーバルシューレース
オーバルシューレース

オーバルシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

フラットシューレース(太タイプ)
フラットシューレース(太タイプ)

フラットシューレース(太タイプ)

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

オーバルシューレース
オーバルシューレース

オーバルシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

オーバルシューレース
オーバルシューレース

オーバルシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥324

パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

パワーホールドシューレース
パワーホールドシューレース

パワーホールドシューレース

男女兼用 トレーニング シューズ

¥432

さまざまなトレーニングやスポーツに適したアシックスのメンズ用トレーニングシューズ

メンズ用クロストレーニングシューズは、トレーニングに見られる水平方向の動きに対するクッション性とサポート力をもたらすようデザインされています。これがランニングシューズとの違いです。ジムでのトレーニングでは、高強度インターバルトレーニング(HIIT)やクロストレーニング、ウェイトリフティングで見られる水平方向の動きに対して高いグリップ力とサポート力が不可欠です。アシックスのトレーニングシューズなら、必要なサポートが得られます。また、ランニングシューズに比べてドロップが低くなっているため、スクワットなどのフロアエクササイズの際にかかとが浮きあがりにくくなるよう設計されています。トレーニングウェアやアクセサリーなど、豊富なメンズ用トレーニング&ジム用ギアでトレーニングのスタイルを格好良く決めましょう。