子どもの身体と足の特徴


子どもの身体と足の特徴

子どもの身体

生まれたばかりの状態から少しずつ手足を動かし、ハイハイを始め、やがて立ち上がって歩き始める子どもたち。成長に伴って運動行動は大きく変化します。子どもの成長には個人差があり、成長によって足の状態や運動行動に大きな違いがあるので、靴はそれぞれの成長過程に合わせて選んであげてください。

身体の成長と運動の進化図

身長の成長と運動の進化図

0~1歳

元気に歩き始めるための準備期間。赤ちゃんは、生後1年間に驚くほどの勢いで運動行動が発達します。一人座り、ハイハイ、つかまり立ち、物につたわって歩くなど、徐々に運動行動を習得していきます。特にハイハイは、直立姿勢とバランス保持という要素を除き、歩行に必要なすべての要素を使っているといわれています。手足だけでなく腰、お腹、背中の筋肉も使い、歩き始める重要な準備の役割を担っています。

1~3歳

よちよちと一人で歩き始め、外を歩くようになると靴が必要になってきます。2歳くらいまでは大人とはまったく異なり、着地時に足全体が地面につく歩き方。大人のように、かかとから前足部への重心移動はみられません。2歳から3歳にかけてかかとから着地するようになりますが、かかとでの着地はまだ弱いものです。さらにこの頃には、ゆっくりながらも走り始めます。はだし感覚で足への負担にならずに歩ける靴を選んであげてください。また未熟なかかとを安定させながら、地面からの衝撃を和らげるクッション性も必要です。

3~7歳

身体を動かすことが楽しく、走る、跳ぶ、投げるなどの基本的運動を覚えていく時期。たくさん歩くことにより、大人に近い効率の良い歩き方を習得していきます。この年代は、合理的に体を支えるために大きな役目を果たす「アーチ」が発達していく大切な時期。アーチを発達させるためには、足指をしっかり使った歩き方をすることが大切で、 屈曲性のよい歩きやすい靴を選び、たくさん運動させてあげることが重要です。

7~10歳

骨格も完成に近づき、基本的運動も習得して、いよいよ一人前の大人に向かってスタートを切った子どもたち。この時期の子どもたちには、さまざまな運動を経験させ、多くのスキルを習得させるとともに、さまざまなスポーツの楽しさを経験させて将来への可能性を広げてあげましょう。子どもたちが自分の運動能力を最大限に発揮できるよう、激しくなった動きから足を守るクッション性を持ち、動きやすい靴を選ぶことが大切です。


子どもの足の特徴

生まれたばかりの状態から少しずつ手足を動かし、ハイハイを始め、やがて立って歩き始める子どもたち。成長に伴って、運動行動は大きく変化します。また、子どもの成長には個人差があり、成長によって足の状態や運動行動に大きな違いがあるので、靴はそれぞれの成長過程に合わせて選んであげてください。

足の特長と成長過程図

足の特長と成長過程

子どもの足の成長は早く、特に3歳くらいまでは非常に早くなっています。足長は1~2歳半頃までは半年で約1cm、それ以降は半年で約0.5cmのペースで大きくなっていきます。だからといって大き過ぎる靴は禁物。靴が足に合っていないと、靴の中で足が動いてしまい、歩き方まで悪くなってしまいます。アシックスでは0.5cm刻みで靴をラインナップ。のびのび動ける靴環境を実現しています。

柔らかい軟骨を優しくサポート

生まれてすぐの赤ちゃんの足は、まだ骨格の配列ができているだけで、実はやわらかい軟骨状態。成長にしたがって、立つのに必要な部分からカルシウムが蓄積され、骨へと成長していくのです(骨化)。歩き始める1歳頃の足根骨(※)は4つで、足根骨が全部そろうのは4歳を過ぎた頃。また、最初はひとつひとつの骨が小さく、離れ離れでできていくので、この頃の子どもの足は非常にもろい状態です。骨化が完全に終了するのは18歳頃。実に人生の4分の1から5分の1の長い年月をかけて人間の足は完成するのです。赤ちゃんの足は軟骨部分が多く柔らかいため、足に合わない靴でも履けてしまいますが、結果として足の正しい成長を阻害する要因になります。このような意味からも、赤ちゃんの足には大人以上に配慮をして、かかとのしっかりした靴を履かせる必要があります。
※足根骨とは、足首から下にあるかかとの骨のこと。大人の足根骨は、踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、楔状骨3個の計7個からなります。

骨の年齢による違い図

アーチの形成に合わせた中敷が必要

歩いたり、走ったり、跳んだり。全身を支え、運動に推進力や弾みを与え、衝撃を和らげるのに大切なのが足のアーチです。アーチとはすなわち足を支える弓形の骨のことで、大人は全部で3つのアーチで身体を支えています。このように大切なアーチも、生まれたての赤ちゃんにはほとんどありません。赤ちゃんの足は厚い脂肪に被われており、成長にともなってこの脂肪が取れ、骨が形成され、徐々にアーチができてくるのです。このアーチ形成が始まるのは3歳頃。足の指をしっかり使って運動することで、アーチの発達が促進されます。大人のようなアーチに近づくのは6~7歳。この時期は特に慎重に靴を選び、アーチを正しく形成させることで健康な子どもに育てましょう。アシックスでは、アーチ形成を助けるよう、はだし感覚の動きやすさを重視して商品を開発しています。またアーチ形成がほぼ完成しているジュニア期には、形成されたアーチをサポートし、母趾への負担を軽減するジュニア・アーチ・コンフォート・システムを採用。成長に合わせた靴設計で、子どもの足をサポートしています。

アーチの形成図

子どもの足と大人の足の違い

足の長さを同じにして比較してみると、子どもの足は大人の足とこんなにバランスが異なります。
・足幅が広い
・指の部分が扇形である
・土踏まずが未完成

足の裏の違い写真