近頃の子どもたち


近頃の子どもたち

近頃の子どもたち、大丈夫?

小学生になっても、土踏まずがほとんどない子。大人の女性のように、外反母趾が悩みの小学生。足に障害を抱える子どもたちが、いま着実に増えています。靴は子どもの足の発育発達を助けてはくれません。あくまでも「子どもの足の成長を阻害しないこと」が大切なのです。アーチの形成やしっかりとした骨格を作るには、活発な運動が何よりも大事。この年代の運動は足の形成だけではなく、運動神経の発達や脳の発達などにも大きな影響を及ぼすといわれています。

子どもの運動能力は低下の一途

子どもを取り巻く環境の影響から、子どもの体力が著しく低下しています。特に背筋力は60年代から低下の一途。10歳児の男子では、10年の間に背筋力が全国平均で5%も低下していたのです。背筋力の低下は、直立二足歩行というもっとも基本的な運動能力の低下を暗示しているといわれています。また走力、跳躍力、投力なども、1983年に比べて2000年では体重が大きく増加しているにもかかわらず、全体的に低下しています。

10歳児の背筋力の推移|7歳児の運動能力の推移

子どもの歩数は年々減少

幼稚園の年長児の歩数を見ると、1984年に比べて1997年は約21%も少なくなっています。これは、保育中の歩数は変わらないのに、家庭での運動量が大幅に減ったためというのが定説。交通網の発達、塾や学校などの教育問題、地域社会の消滅なども、この傾向に拍車をかけています。大人も子どもも運動不足が大問題となっている今こそ、ぜひお子さまと一緒に運動を始めてみてください。手軽なウォーキングやランニングを始め、アシックスは快適なスポーツライフをさまざまな側面から応援しています。

幼稚園年長児の1にちあたりの歩数グラフ