キッズスポーツチャレンジ


キッズスポーツチャレンジとは?

アシックスが子ども靴「スクスク」を始めて10年以上。この間の子どもの変化について見てみると、運動能力の低下、肥満傾向児の増加、姿勢の悪さなど、子どものカラダにまつわる危険信号が増す一方です。これらの現象は、すべて運動不足に起因しているといっても過言ではありません。
子どもの育成プログラムとして、運動は有効な手段です。幼児教育の世界的権威である故グレン・ドーマン博士は「運動は脳の発達を促進する」と説き、幼児期の運動の大切さを啓発してきました。またスポーツは、ルールに基づいた活動であることから、他者とのコミュニケーション能力を高めることにもつながります。
キッズスポーツチャレンジは、子どもたちの運動能力を把握し、分析することで、運動の得意な子も不得意な子もいっそうスポーツを楽しんで自分の得意な運動分野を見つけるお手伝いをしていきたいと考えています。
アシックスはこれからも「スポーツ」を通じて、お子さまたちの「アタマ」「カラダ」「ココロ」の健全な発育発達を応援していきます。

測定種目

お子さまの基本的な運動能力を測定し、運動適性についてのアドバイスをおこないます。測定種目は6種類ありますが、開催会場のスペースや開催時間によって測定種目が異なりますのであらかじめご了承ください。

1.どれだけ早く走れるかな?「10m走」
10mの距離を全力で走り、かかった時間をセンサーで計測して走力を測定します。

2.どれだけ早く進めるかな?「ジャイアントフット走」
物を操作しながら目的地に移動する能力を測定するため、持ち手のついた大きな足型を履いて、手と足をうまく使い10mの距離をできるだけ速く進みます。かかった時間をセンサーで測定します。

3.どこまで遠くに跳べるかな?「立ち幅跳び」
助走なしで両足をそろえて前へジャンプし、できるだけ遠くまで跳びます。 つま先から着地したかかとまでの距離を測定します。

4.どれだけ早く投げられるかな?「テニスボール投げ」
ネットにむかって全力でテニスボールを投げ、その速度を測定します。

5.どれだけ強く蹴れるかな?「サッカーボール蹴り」
ネットにむかって全力でサッカーボールを蹴り、その速度を測定します。

6.どれだけ早く落ちずに歩けるかな?「バランス歩き」
低い平均台の上を、バランスととりながらできるだけ速く前進し、 かかった時間をセンサーで測定します。

測定結果について

年齢ごとの平均値を基準に、測定値を5段階評価します。測定結果は、お子さまの記念にもなる専用の測定用紙でお渡しします。どんな種目が楽しかったかなど、ぜひお子さまといっしょにお話ししてくださいね。

スポーツチャレンジの種類について

こちらは、キッズスポーツチャレンジに関心をお持ちの法人(イベント運営者・商業施設管理運営者・科学館や学習施設でイベントなどを企画しておられる方、教育関係者・幼稚園・保育所など)を対象にした情報です。

1. 体力測定イベント

「体力測定イベント」は、商業施設や科学館などの施設でおこなうイベントです。子どもの好きな運動をテーマにしたイベントを開催することで、施設に健全で元気なイメージを付与することができます。また親子のコミュニケーションを高めるイベントとして集客効果を高め、滞在時間を延長させ、施設全体の活性化をお手伝いいたします。右上のナビゲーション「体力測定イベント」から詳細をご確認ください。

2. 運動能力測定

「運動能力測定」は、幼稚園を対象としたイベントです。子どもたちの運動能力を把握し、それに合わせた運動プログラムの提供と環境の提案をおこないます。また、全国平均に対する園の評価シートと個人シートを基に、子どもたちの成長を的確にとらえた保育計画を作成する資料としてもお役立ていただけます。右上のナビゲーション「運動能力測定」から詳細をご確認ください。

計測会開催日程について

毎年春と秋のシーズンに計測会を実施します。開催日、開催場所等の詳細はコチラをご覧ください。


Thank you for visiting our online store.

You have been redirected to the アシックス Japan site, which delivers to