子ども靴のお手入れ方法


子ども靴のお手入れ方法

1. まずは中敷をはずしましょう。

一番汗をかいて汚れやすいのが中敷です。アシックスのキッズシューズの中敷はすべて取り外しができますので、中敷を取ってから靴を洗ってください。その時に中敷についている指の跡をチェックし、つま先部に余裕がなくなっていれば履き替え時です。取り外した中敷は、水を流しながら柔らかいブラシなどで軽く擦って汚れを落とします。このとき、シューシャンプーを使用したりスエードブラシや手などでゴシゴシと洗わないでください。表生地が剥れることがあります。 ※洗い替え用の中敷を用意しておくと便利です。汚れがひどい場合には、交換してください。スクスク各ブランドとワンテンジュニア用に、専用中敷を別売りしています。

2. 砂はしっかり落としましょう。

すぐに砂だらけになってしまう子どもの靴。砂がたまったまま長時間放置しておくと、靴の中で砂が固まって取れなくなる恐れがあります。公園などで遊んだ後、靴の中に砂が入った時には中敷を取り外し、靴の中にたまった砂をよく取り除いてください。特につま先部は砂が固まりやすいのでご注意ください。

3. すばやくしっかりと洗いましょう。

まず靴を水につけ、よく湿らせます。熱いお湯に長時間つけると色落ちするおそれがありますので、水かぬるま湯を使ってください。その後、シューシャンプーをかけ、汚れをきれいに洗い落とします。メッシュ素材のものやワンタッチテープの部分は、表面がケバだってくる恐れがありますので、ブラシなどでゴシゴシと強く洗わないようにご注意ください。またワンタッチテープにゴミや砂がついていると接着力が落ちてしまいます。洗うときには、ワンタッチテープについたゴミをこまめに取り除いてください。 ※シューシャンプーをかけたまま放置しないでください。すすぎと水切りは充分に行ってください。素材によっては色落ちする場合もあります。

4. 直射日光は避けましょう。

洗い終わったら、すすぎを充分にし、シューシャンプーが残らないように洗い流してください。その後で充分に水を切り、白い紙などをつめて形を整え、必ず風通しのよい日陰で乾燥させてください。直射日光にあてたり、ドライヤーなどでの強制乾燥は絶対におやめください。

ポイント

壁に立てかけて乾かすと靴が変形してしまう可能性もあります。靴はぶら下げて乾かすようにしてください。靴は素材や洗い方によっては変形してしまう可能性もあります。縮みを防ぐために白い紙や割り箸などで形を整えて乾燥させてください。