まずは足のサイズをチェック


まずは足のサイズをチェック

足を計測してみましょう

いくらいい靴を購入しても、それが足にあっていなければ機能が活かせないだけでなく、歩き方や運動量にまで影響を及ぼしてしまいます。日々成長していく子どもの足だからこそ、定期的に測定して靴が足に合ってあっているか確かめましょう。

1. スケールをダウンロード

  • 1. 足のサイズを測るために、本ページ下方のリンクからスケール(PDFファイル)をダウンロードしてください。スケールをダウンロードしたら、次の手順でお使いください。
  • 2. 保存したファイルを開き、印刷してください。印刷メニューの「用紙サイズにあわせる」にチェックがついている場合は、必ずチェックをはずして印刷しましょう。プリントアウトのサイズが正しいかどうか確認するため、一度「谷折り」の位置からスケールの数値までをお手持ちの定規でご確認ください。(Macintoshで用紙設定をA4サイズ以外に指定すると大きく目盛がずれてしまいますのでご注意ください。)
  • 3. 「谷折り」のところで折り曲げます。

2. スケールの上に立たせてみましょう

「谷折り」の部分が後に倒れないように少し厚めの本などをあてましょう。無理な体重がかかっていると正しい計測ができません。まっすぐ前を向くようにしましょう。足下で計測が始まると、つい子どもは覗きこんでしまいます。目線の延長線上にかわいい目印を用意して、それを見てもらうようにしましょう。

3. 足長を測りましょう

かかとを後ろにしっかりとつけ、足をまっすぐに向けて立ってもらいます。第2足指(人差し指)の中心と、かかとを結ぶラインを基準線に合わせます。つま先の先端に基準線に垂直になるように線を結び、その数値を読み取ります。その数値が足長になります。

4. 足囲を測りましょう

メジャーがあれば、足囲も測ってみましょう。足囲は母趾の付け根と小趾の付け根の一番太いところを測ります。足指の付け根の骨の出っ張りの周囲を測ります。メジャーの端が甲のところにくるように注意しましょう。以上で測定は終了です。ただし、足長や足囲はあくまでも目安。つま先の形や甲の高さなど、足の形によっても足入れは変わってきます。実際には、店頭で試履きをして購入することをお勧めいたします。子どもはすぐに成長しますので、購入時には0.5~10mmほど大きめの靴を選んであげましょう。

足囲ガイドで調べてみましょう

上記で測定してサイズを足囲ガイドに入力して足囲を確認できます。

足囲ガイドはこちら。

スリムな足にはナロータイプを

スリムな足(足囲E以下)のお子さまには、ナロータイプをお薦めしています。 左右の足囲が異なる場合は、大き目の足に合わせてお選びください。 ※スクスク・ワンテンのナロータイプは原則として「足囲E以下」ですが、スクスク上履き(ナロー)は「足囲2E以下」に対応しています。ただし、足長や足囲はあくまでも目安。つま先の形や甲の高さなど、足の形によっても足入れは変わってきます。実際には、店頭で試履きをして購入することをお勧めいたします。