AJP-R-16-12col-running_mms-long-tight-img01.jpg

サブ5,サブ6そして完走を目指す
すべてのランナーへ

AJP-R-16-12col-running-mms-long-tight-new-img01.jpg

MMS LONG TIGHT 2.0(モーションマッスルサポート ロングタイツ 2.0)

アシックスは長年に渡り、数多くの協賛大会における様々なランナーのデータやアシックススポーツ工学研究所による技術・機能・構造開発、検証実験データを元に、ランナーの求める様々な機能を搭載した商品を開発してきました。


開発コンセプト

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img01.jpg

タイツに物足りなさを感じていた

もともと私はスポーツドクターでもあり、マラソンランナーでもあるという立場からすると…いままで使っていたタイツももちろん、結構サポート感があるっていうモノもあったんですけど、「解剖学的」っていう部分からすると、もうひとつ「物足りないな」っていうのはあったんです。

国立大学法人 奈良教育大学 教授
奈良マラソン 救護班チーフ
笠次 良爾
※所属・役職は収録当時のもの

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img02.jpg

医学的アプローチが課題だった

我々メーカー側としては、例えば動作分析をする技術とか、素材を開発する技術、構造を設計する技術はあるんですが…そこに、笠次さんのような整形外科医の観点から、何か別なアプローチが出来ないか?さらに、現場に近いチームドクターとか大会のドクターをされている観点から、何か得られる情報や知見がタイツに活かせないかっていう事で、笠次さんに相談したっていう経緯がありますね。

株式会社アシックス 機能開発部マネージャー
高本 義国
※所属・役職は収録当時のもの

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img03.jpg

サブ5・サブ6のランナーは中盤以降、スピードが落ちやすい

特に知りたかったのは、「サブ3・サブ4」と「サブ5・サブ6」の違いです。データを取ってみて初めてわかった事で、我々もすごく興味深い結果だと思ったんですけども、「サブ3・サブ4」までのランナーと比べて「サブ5・サブ6」のランナーっていうのは、中盤25km以降の所でのスピードが明らかに落ちるんですね。 ※奈良マラソン検証実験より

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img04.jpg

太ももの負担を少なくすることが重要

レース後半にスピードが大きく低下してしまうのは、膝伸展筋力の低下が主な原因です。それにより、太もも前側の筋肉の疲労や股関節・ふくらはぎの痛みが生じ、スピードを維持することが難しくなってしまいますので、太ももをサポートし、負担を軽減させることが重要になります。

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img05.jpg

「脚全体をサポートしている」というのが解剖学的にも言える

太ももの前側の筋肉を中心に、脚全体をサポートしているのが解剖学的に言える点が特徴です。「コアバランス」機能で骨盤部分にしっかりと支点が作られます。その上でサポートラインが主に太ももの前側の筋肉から、ふくらはぎの筋肉をサポートし、結果的にヒザのブレを防いでいます。

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img06.jpg

タイツを着用したことで、フォームを維持することが出来た

従来のタイツを履いた時に比べると、新しいタイツを履いたときの方が、より膝が伸びた状態で脚を前に出せるという結果が検証されています。
履いただけで膝を伸ばす動きをサポート出来ているので、ランニング中の太ももの前側の筋肉に対するストレスを軽減出来ると思います。

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img07.jpg

生地がスムーズ、薄い、軽い

今回は「ビスコマジック」という技術を用いています。「シームレス」で二つの違う特性の生地を連続させるという新しい技術です。ストレッチ性の必要な部分は伸びやすく、伸びにくい部分はパワーがあり、サポート力が効いています。

お二人からのメッセージ

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img08.jpg

このタイツには、ランナーをサポートするアシックスの最新のテクノロジーが搭載されています。
レースを目指す方、ランニングを楽しみたい方、ぜひ履いてみて下さい。

AJP-R-16-6col-running-mms-long-tight-new-img09.jpg

どうしてもスポーツは、一生懸命練習すると練習量も増えますし、ケガも付きものです。ただ、ケガは一回してしまうと治療にすごく時間がかかります。どうやってケガを防ぐかということは大事だと思います。そのような観点から見ても、このタイツはぜひオススメしたいアイテムです。


AJP-R-16-4col-running-mms-long-tight-new-img01.jpg

島田 佳久

アシックスランニングクラブコーチ
日本陸上競技連盟 公認コーチ

マラソンは「自分の体力を如何に温存して後半にのぞめるか」が勝負です。
脚の筋力には誰でも限りがあります。それらを補い戦力になってくれるタイツ。
一歩一歩、果てしなく続く脚のブレや衝撃を緩衝、かつ快適な肌触り。そして、デザインの斬新さ。
脚の故障を防ぎ、疲労を残さない様に練習を継続するのがマラソン完走のコツです。
手に入れたランナーだけがわかる。この「相棒」はただ者じゃない。

AJP-R-16-4col-running-mms-long-tight-new-img02.jpg

池田 美穂

アシックスランニングクラブコーチ
健康運動指導士

さっそくこのタイツをはいて走ってみました。
これまでのサポートタイツにありがちな「きつい」「動きにくい」といった感覚がなく、脚さばきのいいタイツです。それでいて骨盤をしっかりと支えてくれるので腰の位置もキープされ、太もも前後やふくらはぎのブレもおさえられて、結果として脚へのダメージが少ないような印象を受けました。
これならマラソンに向けたトレーニングやレースでも心強い相棒になってくれそうです!
ランニング初心者の方や、脚の故障に悩まされている方にこそ、ぜひ試してもらいたい逸品です。
新しいタイツをはいて、ランニングをもっと楽しみましょう!


医学的視点からのアプローチで開発されたランニングタイツ