アシックス・ランニング - ランニングレッスン|ASICS | アシックス - ランニング Running


1-2 ウェア・アクセサリーを正しく選ぼう

 ランニング初心者にとって、シューズと同じくらい大切なのがウェアやアクセサリーの選び方。たくさんあるアイテムの中から、自分にピッタリのものを見つけるためのヒントをご紹介します。

 

T シャツ

ロングスリーブ(長袖)秋~冬の寒さ対策に必須のアイテム。春~夏の日焼けが気になるなら薄手のロングスリーブを用意しておきましょう。

AJP-R-15-9col-running_less_01-02-new-img01.jpg

ハーフスリーブ(半袖):使う機会の多い、もっとも基本的なアイテムです。袖が長いと腕ふりのジャマになるのでフレンチスリーブがおすすめ。ジップアップファスナーを上げたり下げたりして体温調節が可能。試着して、襟の高さや首周りの広さに違和感のないものを選びましょう。

AJP-R-15-9col-running_less_01-02-new-img02.jpg

ノースリーブ:袖ぐりの大きいウエアは日焼けに注意。肩や首の日焼けは体力の消耗感が強くなり、走った後の疲労も大きいです。

ベスト

長袖のジャケットなどを着るには暑い、けれど風が強くておなかは冷やしたくない、という場合にとても便利なアイテム。気候に応じて半袖や長袖のTシャツなどに重ねれば、一年中使えて便利です。

Advice 01「 ボトム選びのポイント」機能性ならタイツ、カジュアルさならパンツを。

 
ランニング用のボトムとしては、タイツとトランクス・ハーフパンツの2 タイプが代表的。どちらかのみを着用するだけでなく、最近ではロング~ 7 分丈ぐらいのタイツの上からハーフパンツやショートパンツを重ねるスタイルも増えています。タイツならではの機能性にパンツのカジュアルな雰囲気をプラスしたこのスタイルは、通勤ランや街中でのスローランにぴったり。そのままカフェやコンビニに入れる気軽さが魅力です。
 
タイツ
ファンランナーからトップアスリートまで広く愛用されています。骨盤や筋肉を支えてパフォーマンスの向上を目指すならサポートタイツ、動きやすさを重視するならシンプルなデザイン、ランニングを楽しみたいならカラフルなデザインがおすすめです。
ロングタイツ:冬のレースやトレーニングに。厚手の生地やかさばるシルエットのボトムはランニングの動作の妨げになってしまうので、足にフィットしたタイツが必需品です。
ハーフ/ショートタイツ :好みや体型、気候に合わせて丈を選んで。モモの太さが気になる、またはヒザの負担を軽減したいなら膝下までの7 分丈もおすすめ。夏場はショートパンツの下に合わせるタイツも短めのものを選ぶと涼しく快適です。
AJP-R-15-9col-running_less_01-02-new-img03.jpg
ランニングトランクス・ハーフパンツ
以前は競技用のランニングパンツを着用している方も多かったのですが、今ではカジュアルでお洒落なトランクスタイプのものや長めのハーフパンツが主流。お尻やお腹といった気になる部分のシルエットをうまくカバーしてくれるので、これからダイエットをめざす方にも着用しやすいですね。もちろん、ランニングのおかげでスリムになったボディラインにもよく似合います。
ショートパンツなら、サポートタイツとの重ねばきや、ハイソックス・ゲイターなどを組み合わせるのもおすすめです。
AJP-R-15-9col-running_less_01-02-new-img04.jpg

お役立ちアイテム Pick up !

ランニングをもっと快適に楽しむために、ぜひ用意しておきたいアクセサリー・グッズをご紹介!
 
◎キャップ:ランナーにとって必需品のアクセサリー。日差しから守ってくれたり、寒さを防いでくれたり、汗が額をつたうのを抑えてくれるという役割もあります。雨の日のランでは、目に雨が入るのを防いでくれるというメリットもあります。
 
◎ソックス:実はシューズと同じくらい慎重に選んで欲しいアイテム。5 本指タイプ、滑り止めのあるものなど、さまざまな種類があります。相性には個人差があるので初めはいろいろと試してみることがおすすめ。
 
◎手袋・アームウォーマー:手袋を着けることで、指先だけでなく、体全体への保温効果が高まります。手袋ひとつでシャツを1 枚着るのと同じくらいの効果があるとも言われているほど。冬にはぜひ活用したいですね。
 
◎サングラス:自分の世界に集中したい、非日常の「時間に没頭したいという方はぜひ使ってみてください。もちろん、日差しや雨、虫などから目を保護するというメリットも。選ぶときはランニング用のものを選びましょう。フィット感がバツグンです!
 
◎ネックウオーマー・レッグウオーマー:首や足首を暖めることで、体全体への保温効果が高まります。ニット素材・フリース素材などさまざまな種類があり、コーディネートのアクセントにもなります。
 
AJP-R-15-9col-running_less_01-02-new-img05.jpg