2-1 楽しく走り続けるために知っておこう

 「ケガや痛みなく、楽しく走り続けたい」という気持ちは、ランナーなら誰もが持っている願い。
ストレッチを取り入れて、楽しく走り続けましょう!
※筋肉に痛みがある場合、病気やケガが隠れている事もあります。ストレッチの前に、専門医に相談される事をおすすめします。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt01.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt02.jpg

両手を組んでまっすぐ上に伸ばし、全身で大きく伸びながら数秒キープ。そこから息を吐きながら一気に全身の力を抜いて腕を下ろし脱力。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img01.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt03.jpg

両手を組んでまっすぐ上に上げ、からだを真横に倒しわき腹を伸ばす。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img02.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt04.jpg

 両腕を肩甲骨の付け根から大きく前に回す。同様に後ろにも大きく回す。(3-1)
左右の腕をそれぞれ前後反対にも回す。(3-2)

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img03.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt05.jpg

指先を肩につけ、ヒジを上げて円を描くように前に回す。同様に後ろにも回す。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img04.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt06.jpg

おへそ周りを中心として大きな円を描くようにからだを回す。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img05.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt07.jpg

足を肩幅程度に開き、両手を前で組んで腰を落とす。ヒザを曲げて背中を丸めるようにして背中から腰を伸ばす。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img06.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt08.jpg

腰を落とし骨盤を立てた状態で骨盤の付け根を意識して伸ばす。前に出した脚のヒザがつま先より前へ出ないように注意する。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img07.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt09.jpg

片足を一歩前に出し、からだをつま先方向に向ける。ヒザを伸ばしたまま骨盤を立て、上体を前へ倒し、ハムストリングスを伸ばす

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img08.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt10.jpg

片足を一歩前に出し、両手を前に出した脚のヒザに乗せる。重心を前にかけながら後ろ足のカカトを地面にしっかりつけ、アキレス腱とふくらはぎを伸ばす。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img09.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt11.jpg

両足を肩幅より広めに開き、つま先とヒザを外側に向ける。そのまま腰を落とし、ももの内側を伸ばす。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img10.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt12.jpg

肩幅程度に足を開いて立ち、片足のヒザを曲げて足先をつかみ、お尻の位置まで引き上げる。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img11.jpg
AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-txt13.jpg

手首や足首は力を抜いてブラブラと回す。首もゆっくりと左右に回す。

AJP-R-15-12col-running_less_02-01-new-img12.jpg
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif