AJP-12col-16-R-Running_level_coordinate_men-img01.jpg
AJP-12col-16-R-Running_level_coordinate_men-img02.jpg

AJP-12col-16-R-Running_level_coordinate_men-img04.jpg
AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img01.jpg
AJP-12col-16-R-Running_level_coordinate_men-img05.jpg

Tシャツは吸汗速乾性に優れ、肌へのベタつきを防止する素材を用いています。冬場のレースでも発汗の多い高速ランナーにオススメです。また、ポケットが多いパンツは補給食を入れるのに便利! スタートのとき寒ければ、薄く軽いPACKABLE JACKETを羽織るか、ランニングアームプロテクター、グローブなどで保温に努めましょう。途中暑くなったら、ジャケットを脱いで小さくたたんだり、アームプロテクターやグローブを外したりして、衣服内温度の調整が可能です。

AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img03.jpg
AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img04.jpg

AJP-12col-16-R-Running_level_coordinate_men-img06.jpg

骨盤を安定させ、脚への負担を軽減するMMSタイツを軸に、コーディネートを楽しもう!個性的なデザインのタイツには、落ち着いたカラーのショートパンツとお気に入りのカラーのTシャツを合わせ、自己記録更新に向け気分を高めましょう。アームプロテクターや手袋、たためてコンパクトになるジャケットなどを組み合わせて、天候や気温に合わせたコーディネートを試してみてください。

AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img05.jpg
AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img06.jpg

AJP-12col-16-R-Running_level_coordinate_men-img07.jpg

走行時間が長いと、レース中の気温の変化が激しくなります。ファスナーの上げ下げをするだけで衣服内温度の調節が可能なジップトップ長袖Tシャツがオススメ! また天候の変化が心配なら、防風・耐水効果があるACCELERATE JACKETも準備しておきましょう!また走行中に痛みの出やすい腰・ふともも・ヒザ・ふくらはぎのサポート性を強化したMMSタイツが、レース後半までしっかりと脚をサポートしてくれます。(イメージ写真掲載のジップアップは参考商品につき販売いたしておりません)

AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img07.jpg
AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img08.jpg

AJP-6col-16-R-Running_level_coordinate_men-img09.jpg

AJP-4col-16-R-Running_level_coordinate_link-img01.jpg

DYNAFLYTE

飛ぶような走りを体験せよ

AJP-4col-16-R-Running_level_coordinate_link-img02.jpg

MMS LONG TIGHT 2.0

完走目的~からサブ5を目指すランナーへ

AJP-4col-16-R-Running_level_coordinate_link-img03.jpg

GEL-KAYANO 23

すべては完走のために!