ASICS | アシックス - FAQ 水着&スイム用品


スイムウエアのQ&A

スイムウエアの取扱いについて教えてください

水着には、伸縮性に優れたポリウレタン糸を使用しています。ポリウレタン糸は、大変デリケートで、プール内の滅菌用塩素剤により劣化し、強度や伸縮性が低下します。また着用後濡れたまま長時間放置しても劣化が進みます。

※特に お客様ご自身による商品の改造( 例 : 生地に対する薬剤の付与 )は、安全上の確認がされておらず、当社として品質保証はいたしかねますので、おやめください。

■水着を着たときは・・・

化粧品類(とくに日焼けオイル、ヘアカラーなど)が水着につかないようにすること、ゴム部分を傷めたり、生地が変色する場合があります。

  • すべり台などですべったりすると、摩擦熱で生地を傷めることがあるので注意しましょう。
  • サウナ、ジャグジー、温泉などでの着用は、生地の劣化を早めるので気をつけましょう。
  • コンクリートや砂、砂利、岩など表面のあらいものと接触させない。
  • かぶれや炎症、かゆみ、刺激など肌に異常が感じられたときはただちに使用するのをやめて、専門医に相談すること。
■洗濯するときは・・・

洗剤は中性洗剤で軽く押し洗いしてから十分にすすぎましょう。干す時は形を整え、必ず直射日光の当たらないところで陰干ししましょう。

  • 漂白剤は絶対に使用しない
  • 洗濯機・乾燥機の使用は避ける
■泳いだあとは・・・

プールの水の中の塩素は、生地を傷めたり色落ちの原因になります。脱いだらできるだけ早く水道水ですすぎましょう。型くずれを防ぐため、しぼらずにタオルなどで十分に水気を取りましょう。

  • ヘアードライヤーでの乾燥はダメです
  • 車のトランクなど高温になるところには絶対に放置しない
  • 濡れたまま長時間放置しない
■収納するときは・・・

防虫剤などの薬剤と接触しないように収納しましょう。長く着用しない場合、保管状況によってはゴム部分やポリウレタンが劣化する場合があるので気をつけましょう。

フィットネス用の水着にはスイムカップはついているようなんですが、競泳用のスイムウエアにもスイムカップはついているの?

競泳用のスイムウエアに関しましては、「競技」としての目的が重視されておりますため、スイムカップを取り付けておりません。スイムカップを着用希望の方には別途スイムカップを取り付けていただきます。「胸パット用フック掛け付き」の商品のみスイムカップの取り付けが可能です。

スイムタオルの取扱いについて教えてください。
  • ご使用になる前に軽く洗ってからしぼってください。
  • 濡れた肌や髪を軽くたたくようにお使いください。
  • 水分を吸収し飽和状態になった時は、しぼって水を切ってください。繰り返しご利用になれます。
  • 乾燥して硬くなった場合は、水またはぬるま湯に浸せば元に戻ります。
  • 消毒漂白または熱湯でのご使用はさけてください。
  • 洗濯機、乾燥機の使用はおさけください。
  • ヨゴレ・シミなどがタオルに残ったまま長時間放置されるとカビが発生する恐れがありますのでご注意ください。丸く筒状に巻いてゴムで留めて乾燥させる方法もございます。
目に装着するゴーグル。危険はありませんか?

ゴーグルをつけた状態で、アイカップを顔の前へ必要以上に引っ張らないでください。
アイカップが顔や目に当たり、ケガをするおそれがあります。