AJP-T-17-12col-trackfield_tguide-hero01.png
AJP-T-17-3col-trackfield_tguide-img01_ac.png
AJP-T-17-6col-trackfield_tguide-ttl01.png

AJP-T-17-6col-trackfield_tguide-img01.png
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

Q. 昨年はリオ五輪にも出場されました。どんなシーズンでしたか?

初めての五輪はあらゆる面でスケールの大きさを感じました。リレーで銀メダルは取れましたが、個人で結果を残せなかったので、悔しさの方が大きかったですね。

Q. 昨シーズンの経験を踏まえ、どんな冬期を過ごされましたか?

一昨年の冬はスタートや前半を意識したトレーニングが中心でしたが、この冬は、ウェイトトレーニングなどを含め補強系を多く取り入れました。体脂肪もこれまで10%を切ったことがなかったんですが、今は1ケタ台をキープしています。

Q. ご自身の中学・高校時代を振り返ってもらえますか。

中学時代は、仲間と共に楽しく練習していました。どちらかと言えば、真面目な部員ではなかったですね(苦笑)。高校時代は周りが強い選手ばかりだったので、手を抜く雰囲気はなく、みんなに引っ張ってもらっていました。しんどい練習の方が多かったですが、そのなかでも、自分なりに楽しみややりがいなどを見つけて取り組んでいました。中学時代から取り組んでいたミニハードルは、リズムやフォームなど自分にマッチした走りや感覚を見つけることができるので、役に立ちました。

Q. 小学校時代はサッカーをしていたそうですが、もし陸上競技を選んでいなかったら、どんなスポーツをやっていたと思いますか?

たぶんサッカーだと思いますが、僕は競技そのものよりも人に興味・関心があります。なのでイベントやテレビ番組などで知り合いになった方がテレビなどに出ているときは、よくチェックをしています。

Q. これから陸上をはじめる中高生にメッセージをお願いします。

陸上はきっちり記録に出るので自分の成長が実感できます。誰にも言い訳できませんが、頑張れば頑張った分だけ自分に返ってくるところが一番の魅力です。皆さんも、しっかり自分と向き合い、目標に向かって頑張ってください。

AJP-T-17-6col-trackfield_tguide-ttl02.png

AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

Q. 今年の意気込みを聞かせてください。

昨シーズンは、ケガも長引き、納得のいく結果を残すことができませんでした。長い競技生活で初めての経験で、メンタル面でもかなりやられたシーズンでした。現在は復活に向け、焦らず一つひとつ課題をクリアして、自分を奮い立たせているところです。中途半端な姿は見せられないので、協力や支えを受ける家族や仲間への感謝の気持ちを忘れずに、練習だけでなく普段の生活からしっかり自己管理をし、とことんやり抜く気持ちと覚悟を持って必ず復活してみせます。

Q. 練習のなかで大切なことは何ですか?

嫌だなと思って過ごすのはもったいないと思います。確かにきつい練習などは大変ですが、目標に向かって仲間と切磋琢磨する時間と場所が部活動です。どんなにきつい練習も目標達成のためにやるべきことだと思えば、どんどん楽しくなってくるものです。

Q. 大きな舞台で力を発揮するコツは?

緊張するのは当たり前のことで、僕もレースのときはいつも緊張します。普段の練習でもきつく追い込む練習の前などは緊張するもので、そうした経験を踏まえ、緊張=嫌なものという感覚ではなく、楽しむ・集中するものと感じられるよう、日ごろの練習からトレーニングや準備をしておくといいと思います。

Q. 金丸選手も小学校時代はサッカーをしていたそうですが、もし陸上競技以外ならどんなスポーツをやっていたと思いますか?

たぶんスポーツはやってないと思いますね。もともとインドア派で趣味が読書と将棋なので、将棋部に入っていたと思います。

Q. これから陸上をはじめる中高生にメッセージをお願いします。

陸上競技は地味できつい練習も多いです。しかし、そうした厳しい練習を乗り越えた経験は将来必ず生きると思いますし、一緒に汗を流した仲間は一生の付き合いになると感じています。仲間と一緒に目標に向かって頑張れるのが陸上競技の醍醐味だと思います。皆さんの活躍を期待しています。

AJP-T-17-6col-trackfield_tguide-img02.png
AJP-T-17-12col-trackfield_tguide-img02.png

オススメスパイク

オススメアパレル

オススメアクセサリー