AJP-V-15-12col-volleyball-start_up_guide_vol03-img01.jpg
AJP-V-15-12col-volleyball-start_up_guide_vol03-txt01.jpg

高くジャンプしてスパイクを打ちこんだり、コートに入ったボールに素早くダッシュしてレシーブしたりするなど、バレーボールプレーヤーにはいろいろな動きが求められる。バレーボールの競技用シューズなら、激しい動きをサポートして自分の持っている力を引き出してくれる。クッション性など機能も確認しよう。

AJP-V-15-4col-volleyball-start_up_guide_vol03-img01.jpg
AJP-V-15-4col-volleyball-start_up_guide_vol03-img02.jpg
AJP-V-15-4col-volleyball-start_up_guide_vol03-img03.jpg
AJP-V-15-12col-volleyball-start_up_guide_vol03-img02.jpg
AJP-V-15-12col-volleyball-start_up_guide_vol03-txt02.jpg
AJP-V-15-6col-volleyball-start_up_guide_vol03-img01.jpg
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

プレーヤーにとって、シューズは最大の味方。 いくら優れた性能をもつシューズでも足に合わなければ十分な効果を発揮できない。シューズを買う時は、そのシューズが本当に自分の足に合っているか確かめることが大切。必ず両足を試し履きして、次の3つのポイントをチェックしよう。

その1 : つま先に余裕はあるか

シューズを履いて親指の先あたりに指1本くらいの余裕があると動きやすい。

その2 : 足幅に圧迫感がないか

足幅が一番広い部分に圧迫感がないか、指でおさえながら確認しよう。

その3 : 履き口のフィット感はどうか

足首を回したり、ジャンプをして、履き口にくるぶしが当たらないか確認。

AJP-V-15-12col-volleyball-start_up_guide_vol03-txt03.jpg
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

毎日トレーニングしていると、シューズはクッション性などの性能が低下しケガにもつながる。足を守るためにもインナーソール(中敷)やアウターソール(靴底)の状態を確認しておこう。

インナーソール

かかと部、母趾球部、小趾部が硬くなってきたら、インナーソールを買いかえましょう。

アウターソール

靴底の溝がすり減ってきたら、シューズの買いかえ時です。

AJP-V-15-6col-volleyball-start_up_guide_vol03-img02.jpg

バレーボールを始めるキミに

AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif