AJP-W-15-12col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img_mv.jpg
AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img02.jpg

 みなさん、こんにちは! 「歩く」を語るTALK×WALK、今回もモニターキャンペーンに当選されたラッキーガールさんがゲストです。
「仕事中は常に5cm以上のヒール」というパンプス女子さんと、一緒にお店へ行ってみました!

AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

はい。ドレススタイリストをしていますので、もう10年ほど職場では黒のハイヒールを履いています。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img05.jpg

いえ、職業柄常にエレガントであるよう心がけておりまして、通勤もきれいめのオフィスカジュアルに黒パンプスです。会社に着いたら、サロン用の黒パンプスにまた履き替えます。新しめで履き心地の良いものを仕事用にしています。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img06.jpg

まずはデザインですね。でも、ここ数年は履き心地も重視するようになりました。立ち仕事ですし、ドレスを運んだりの力仕事もありますので、徐々にそのように…

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img07.jpg

私はサイズが22cmなので、選択の幅が狭くて困るというのがまずあります。それでムリをするせいか、小指にマメができやすいのが悩みです。あと、なぜか左足だけ脱げやすくて…

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img08.jpg

高い所のものを取ろうと背伸びした時に脱げてしまって「あっ! …」というシーンが年に何度かはあります。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img09.jpg

靴を買うのはほとんどが夜、会社帰りが多いので「足がむくんでいる時に選ぶからいけないのかしら?」と思っているんですが…

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img10.jpg
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

22cmから22.5cmだと思いますが、よく脱げるということは、左が小さいのかなと思います。

足幅を気にしたことはありませんが、広くはないと思います。ただ「いつも当たる部分」があるのは右足です。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img14.jpg

スタッフ)ではまず3次元足形計測機で、足の測定をさせていただきます。

スタッフ)はい、アシックスの直営店ならではのサービスです。お客様の靴を正しく選ぶために活用しているんですよ。この「足型計測」は無料です。
「自分の足の本当のサイズを知りたい」だけでも、ご来店いただけるとうれしいです。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img16.jpg
AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img17.jpg

スタッフ)ありがとうございました。おつかれさまでした。

佐倉)普段私はお客様にフィッティングする立場なので、少し緊張しました!

スタッフ)拝見したところ、佐倉さんは長年パンプス生活をされているとは思えない、とてもきれいな足をされています。外反母趾もないですね。普段は何cmを履かれていますか?

佐倉)22cmか22.5cmのどちらかです。閉店間際に急いで購入することもあるのですが、そうやって選んだものは、残念ながら長くは履けませんね。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img18.jpg

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img19.jpg

スタッフ)22cmとおっしゃっていましたが、実は佐倉さんのサイズは21.5cmです。左右で6mmの差があり、右が大きめです。今慣れていらっしゃる22cmもいいですが、一度正しいサイズをお試しください。結果として22cmにされるとしても、本来のサイズである21.5cmのフィット感を体験される価値はあると思います。

スタッフ)女性の平均値は2Eなので、佐倉さんは標準内の細めです。数値上ではEの範囲ですが、右足がやや大きいです。大きい方に合わせますので、目安は2Eからお試しになるといいと思います。

スタッフ)かかと幅は左右とも標準範囲ですが、少し細めです。まっすぐ立った時の重心をみると、左足のかかとに少し内側へ傾きがあります。左が時々脱げてしまうのはこれが原因でしょう。傾きで広がりがちな左かかとをご調整します。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img23.jpg

スタッフ)プレーンパンプスだと意識されないと思いますが、甲高さんと言えます。甲をおおうタイプは、商品によってはきついと感じるかもしれません。調整ができたり、なるべく甲が開いたデザインのものがおすすめです。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img24.jpg

スタッフ)とてもきれいな左右対称の土踏まずで「アーチ美人」でいらっしゃいます。左がほんの少し高めですが、問題はありません。

佐倉)自分で思っていたサイズと違っていたことが意外でした。今後のパンプス選びの参考になります。ありがとうございます。

スタッフ)アシックスウォーキングのショップでは、お客様のカウンセリング情報と計測データを合わせた専用の「足のカルテ」を作成します。次回以降の来店時にはさらにスピーディにご自分の足に合ったシューズをお選びいただけます。

アシックスウォーキングショップでのそのほかのサービス

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img25.jpg
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

さらに心地よいフィット感になるよう、アシックス独自のセミオーダー「3Dフィッティング中敷」 ※ もご用意しています。
※対応できない商品もございます。

シューズがゆるいから、キツいからというよりも、お客様それぞれの足の状態に対して「バランスをサポートする」考え方の中敷です。お客様の足に沿って骨の位置にポイントを付け、何度かフィッティングをしていただきながら、1つひとつ完成させていきます。

履き続けたあとでも、無料調整いたします。
試し履きした際には気づかなかったけれど、履いてみて気になることが出てきた場合やアッパーの革が足になじんできたあとも、無料で調整対応させていただきますので、いつでもお店にいらしてくださいね。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img26.jpg

ドレススタイリストとして約10年になります。思えば常にお客様からの視線を意識している仕事ですね。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img29.jpg

1週間の7割、私は起きてる時間のほとんどを黒パンプスで過ごしているんだなって、お話をしていて初めて気がつきました。今後はパートナーを探すような気持ちで、真剣に選ばなきゃと思いますね。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img30.jpg

平均すると約2ヶ月ほどです。少なくとも年に6足は買います。女性の多い職場で、力仕事なども全部ハイヒールのまま自分たちでやります。キズが入ってしまうとお客様の前では履けないんですよ。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img31.jpg

スクエアやポインテッドトゥなど、デザイン違いで4足あります。
黒でヒール5cm以上のプレーンパンプスと決まっているので、展示会では7cm以上を履いています。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img32.jpg

後輩がだんだん成長して、立派に独り立ちしてくれた時です。ドレスのサイズの見立てや接客など、たくさんスキルが要る仕事ですので。
いろんなタイプの衣裳があって、デザインが違えばサイズ感も違い、インポートだとお直しできないものもあるので、ジャストサイズの見立てが最大のカナメです。お直しが難しい場合でもなんとか調整をして、できるだけお客様のご要望にお応えできるように努めています。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img33.jpg

研修もありますが、大半は配属先で学んでいきます。スタッフ同士で着せあったりして見立てのコツを掴んでいくんですね。スキルに応じて、社内資格の「スタイリストテスト」を受けることになります。サロンでは、必要に応じて先輩がフォローしていきながら。そこまで一緒に苦労を重ねて、合格してくれた時は本当にうれしいですね。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img34.jpg

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img35.jpg

仕事と家庭のバランスですね。特に、仕事も充実して、家事もうまくできていると「ちゃんとしている」と感じられてすごく充実します。「OK!」って自分を認められるんです。
帰宅して家のドアを開けて「さあ家庭モード!」と切り替わる瞬間も好きです。もうひとつの自分になれる、この瞬間があるから全てが続いているなって思 います。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img36.jpg

平日はとにかく時間がなくて、家事がおろそかになります。キッチンや部屋の状態がピンチになるのはしょっちゅうです(笑)。
切り抜ける方法としては「意志を持って時間をつくる」ことですね。平日は朝に、オフの日も時間を作って普段できない家事を思いっきりしています。
家事を終わらせて、そのあとボンヤリするのも休日の醍醐味です!(笑)。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img38.jpg

そのお言葉で気持ちが上がります(笑)でも、平日は帰りが遅いので思うほど何にもできないんですよ。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img39.jpg

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img40.jpg
AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

スタッフ)佐倉さんが普段慣れていらっしゃる22cmで、7cmヒールのGIROを試していただきます。歩いてみて、どうでしょう?

佐倉)じゅうたんの上を素足で歩くような包まれ感です。足にフィットして、フカフカとする感じです。7cmとは感じられませんね。体感はもっと低いです。すごい!

スタッフ)22cmでもいいのですが、実はデータ的には21.5cmでいらっしゃいます。

佐倉)意外でした。ずっと22か22.5cmだと思ってきて、2.5cmもよく履いています。どっちかなと迷った場 合 、大きめを選 んでいましたから。まさか21cm台とは。この差は大きいですね。計測してみるとこんなに違うものなんですね。

AJP-A-15-6col-1px_spacer.gif

スタッフ)では21.5cmを履いていただきましょう。バックストラップのタイプもご用意しました。いかがですか?

佐倉)フィット感も十分ですし足全体が包み込まれて、気持ちいいです。バックストラップは初体験ですが、意外と踏み込みも安定していますね。フカフカとして快適です。

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img43.jpg

佐倉)歩いても背伸びしてもカパカパしないで、かかとがついてきます! 驚きです。

スタッフ)“コツコツ”しないのも特色です。アシックス独自のヒール構造で、かかとにかかる加重をうけとめたり、衝撃を軽減してくれるんですよ。

佐倉)ほんとに。床に音が響きにくいですね。足あたりも心地よいですし、サロンでの接客にも、準備から撤収までスケジュールの詰まったフェアの時にもよさそうです。ありがとうございました!

AJP-W-15-6col-walking_giro_column_talkwalk_vol11-img44.jpg

次回は、GIROキレイTRIALモニターさんに
お話をうかがいます!