AJP-W-17-walking_metrolyte-main01.jpg
“ 空中浮遊写真” で人気のインスタグラマー「halno」のもとに「私も浮遊してみたい!」と願う1人の女性が弟子入り。
未経験の彼女の空中浮遊写真撮影をサポートしたのは、ふわっと軽いウォーキングシューズ「METROLYTE」でした・・・。

AJP-W-17-walking_metrolyte-tit01.gif
AJP-W-17-walking_metrolyte-img01.jpg
space540_1.gif

フォロワー数27万人を超える空中浮遊写真のインスタグラマー「halno」さんと、アシックスの新しいウォーキングシューズ「METROLYTE(メトロライト)」のコラボレーションが実現しました。

ママインスタグラマー池田泉さんの空中浮遊写真撮影をサポートした「METROLYTE」は、ふわっと軽いフィット感で軽快に歩くことができる新しいウォーキングシューズです。

その秘密は、クッション性と快適性を高めたインナーソールと、片足約160g(24.0cm)という軽さにあります。

AJP-W-17-walking_metrolyte-img02.jpg
AJP-W-17-walking_metrolyte-img03.jpg

AJP-W-17-walking_metrolyte-tit02_01.gif
AJP-W-17-walking_metrolyte-img04.jpg
AJP-W-17-walking_metrolyte-img05.gif
AJP-W-17-walking_metrolyte-tit03.jpg
AJP-W-17-walking_metrolyte-img06.jpg

片足約 160g(24.0cm)という軽さ

ふわっと軽い「METROLYTE」は、なんと片足約160g(24.0cm)。いつでも気軽にウォーキングを楽しむことができる軽さです。

AJP-W-17-walking_metrolyte-img07.jpg

屈曲性に優れたソールで歩きやすい

軽く力を入れるだけで屈曲するソールが、ウォーキングの足運びをサポート。 ミッドソールにはE.V.A.を採用して、クッション性と軽量性を実現しています。また、かかと部とつま先部にラバーを配して、グリップ性にも配慮しています。

AJP-W-17-walking_metrolyte-img08.jpg

ふわっとフィットするクッション性

足裏の快適さと、クッション性を高めたインナーソール。2種類のオーソライトスポンジを組み合わせた構造で、アーチ部分のクッション性が向上し、履き心地がアップしました。

AJP-W-17-walking_metrolyte-img09.jpg

さまざまなシーンで履きこなせるデザイン

アッパーデザインは、アッパーとベロ部を一体化させたモノソック構造で快適なフィット感があり、さまざまなシーンで履きこなせるスポーティスタイル。カラーバリエーションは、5色で、カジュアルシーンでも使いやすいデザインに。

METROLYTE ITEM


AJP-W-17-walking_metrolyte-img10.jpg
何度も息を合わせながらジャンプを繰り返し、「METROLYTE」の空中浮遊写真を完成させたhalnoさんと池田泉さん。
お二人がどのようにして空中浮遊写真を成功させたのか、その舞台裏の一部を公開します。
halnoさんには、“空中浮遊写真”を上手に撮影するコツもうかがいました。
AJP-W-17-walking_metrolyte-img11_2.jpg

こちらは、池田さんが最初にジャンプをしてみた際の写真です。

「池田さんの上着がふわっと浮いていたり、足も上にジャンプしている感じがあるので、なかなか浮遊しているようには見えません。浮遊しているように見せるためには、空中を歩いているように見えるリラックスした姿勢と、前方やや上に目線を送ることが1つのポイントです」(halno)

AJP-W-17-walking_metrolyte-img12.jpg

レクチャー後に、池田さんがジャンプしてみた際の写真です。

「手と足のポーズがリラックスできていて良くなりました。まるで空中を歩いているように見えますよね?ポイントは、表情を含めた上半身はリラックスした状態を保ちつつ、下半身はしっかりとジャンプすること。目線も前方やや上をキープできているので、とっても自然です!あと、撮影する時は地面がはっきり見えている場所の方が、空中浮遊感を演出しやすいですよ」(halno)