2/25(日)は東京マラソン2018が開催されました。 ACTで開催した「応援企画」の模様をレポート致します。


asics connection tokyo


東京マラソンは世界的にも人気の大会で国内外から集まった35,500人ものランナーが東京の東エリアを駆け巡ります。ACT PARTY」(ASICS CONNECTION TOKYO公認ランサークル) からも6名が出走しています。クラブメンバーを中心に応援隊を結成し、ACTの本拠地でもある浅草エリアとゴール(皇居)でランナー達にエールを送りました。

 

浅草はスタートから15Km地点にあたり、多くのランナーにとって前半の頑張り所です。 快調なペースの人もいれば、早くもキツそうな表情を見せている方もいます。 ACT猪瀬コーチは1時間切りのハイペースで通過し、その後、他のメンバーもまずまずのタイムで通過して行きました!ACT応援隊にも気付き、ガッツポーズで応えてくれました!


asics connection tokyo


出走メンバーを見送り、応援隊はゴールの皇居へメトロにて移動。交通機関を使って、先廻りしながら応援場所を変えられるのも東京都心部で行われる東京マラソンの特徴です。 東京駅から皇居への延びるラストのストレートがゴールゲートへの花道となっています。沿道には「チアゾーン」と呼ばれる特設応援席が設置され42.195Kmのチャレンジを終えて帰ってきたランナー達を迎えいれます。 応援隊もゴール目前のランナーに最後の声援を送ります。




asics connection tokyo


ゴールでは自己ベストを更新して大喜びする方が居たり、思い通りに走れずに悔しい思いをしている方が居たりと様々です。タイムと順位こそ出ますがゴールした全員がWINNER(勝者)だと思います! 完走された皆さん、お疲れ様でした。そして勇気をありがとうございます。


asics connection tokyo


ACT
メンバーも全員見事に完走!その頑張りに触発され応援隊も「来年は走ってみたい!」とやる気になっています。東京マラソンを通じて、ランナーと応援隊の仲も深まりました。ランを通じて東京が一つになる祭典、是非一緒にチャレンジしましょう♪
もちろん、まずは応援での参加も歓迎ですよ!笑

asics connection tokyo


ACTではマラソン完走&自己ベストをサポートする講座やレッスンを開催しています。 ご興味のある方は是非、ご参加くださいね。

asics tokyo connection


以上、東京マラソン2018の応援企画レポートでした。