春、運動会のシーズンがやってきます。小学1年生の息子はかけっこが大の苦手。ゴールする前に失速してしまうことがほとんどです。親もそこまで運動が得意なわけでもないし、仕方ないと思う反面、できることなら1番にゴールテープを切る息子の雄姿を見たい…とも思ってしまいます。そんな時、北京五輪100メートルリレーで銀メダルを獲得した朝原宣治さんと、走幅跳び日本チャンピオンの荒川大輔さんによる「かけっこ教室」が開催されると聞いて、息子と一緒に参加してきました。

かけっこが速い人は、脚ではなく上半身を使って走っている!

かけっこ教室では、速く走るための動きを身に付けるさまざまなメニューが用意されていました。なかでも印象的だったのが、背筋を伸ばした「スキップ」と、膝を曲げずに走る練習。かけっこの練習なのに、スキップ…!? 親としては初めてみるメニューばかりですが、息子はとても楽しそう!いったいどんな効果があるのか、子どもたちと一緒に朝原さんのお話を聞いてきました。

背筋をピーン!スキップ

とにかく姿勢はまっすぐで、スキップしてみよう。

これは、姿勢を意識して走るためのドリルなのだとか。頭の先から足の先までまっすぐな姿勢をキープすることで、地面にしっかりと力が加わり、反動で前に進むことができるそう。できるようになったら、どんどんスピードを出して、高速スキップにしていくと良いそうです。

膝を曲げないように走る

膝を曲げずに、太ももを使って走ってみよう。

走るときに最も動かさないといけない部位である「太もも」まわりの筋肉を意識してもらうためのドリルだそう。朝原さんによると、「速く走る」というと、腕をしっかり振ったり、足先やふくらはぎを意識したりする子が多いとのこと。ですが、それよりも大切なのは、脚の付け根に近い、太もも、お尻、腰、背中を使って走ること。こうすることで、脚全体で走ることができるんだそうです。その結果、一歩が大きくなり、より前に進めるというわけです。

確かに言われてみれば、うちの息子は膝を曲げて足だけで走っているかも…。遊びのように見える色んな動きのなかに、走るために必要な要素がふんだんに入っているんですね。親として教え方の勉強になるなあ。

かけっこの速さを決めるのは、歩幅(ストライド)×足の回転(ピッチ)

トップアスリートのストライドを超えられるか…!?

――どうしたらもっと足が速くなるの?

参加者の男の子から質問が出ました。

朝原さんによれば、スピードは、歩幅(ストライド)と足の回転(ピッチ)で決まるとのこと。ちなみに、トップアスリートクラスになるとストライドは約2m80cm、さらに1秒間に足を約4.5歩回転させて100mを走り続けるそう!

ストライドを広く、ピッチを速くして走る。単純なことに聞こえますが、ヒトの身体というのは、ピッチが速くなると、歩幅が狭くなりがちなのだとか。そのために今回の教室でやったような高速スキップや、背筋を伸ばしながら太ももを使って足を前に蹴り出す練習繰り返すことで、自然と広いストライドでピッチを上げることができるようになるそうです。

目の前のドアを蹴破るように足を動かしてみよう!

もっと教えて!短距離メダリストの朝原さんに、かけっこで速く走るコツを直撃

コーチ2人のトークも楽しく、あっという間に45分が終了。結構な距離を走ったのですが、疲れた様子はなく「楽しかったー」「速く走れそうな気がする!」と満面の笑みを浮かべていました。

こんなに楽しそうに走っている息子、見たことない!

息子が楽しそうに走っている様子を見て安心したものの、かけっこで1番になれるとはまだ思えません。どうしたら速く走れるのか、教室終了後に朝原さんを直撃してさらに色々聞いてみました。

――わが子を見ていると、足が速いのは生まれつきで、努力しても無理なのでは…という気もするのですが。

もちろん、もって生まれたものはあります。たとえば、ジャマイカの選手は僕たちより生まれながらに速いと思うんです。でも、僕たちだって練習方法やフォームを徹底的に考えて、磨き抜くことで彼らと勝負できるようになるわけです。自分のレベルを少しでも上げていくという気持ちを持ってもらうことが大事です! そのためにはまず「走る=楽しい」と感じてもらうことが重要で、今日のメニューのように色んな身体の動かし方を取り入れて、飽きずに楽しくできる工夫をしています。

――スタートで出遅れる息子が上手くスタートできるには?

これは重心移動と、反応の速さをトレーニングするといいですよ。今日のメニューにもありましたが、座ったり寝転がったりした状態からスタートダッシュする練習は、走るよりも低い姿勢なので身体を思い通りに動かすのが難しく、これがスムーズにできるようになると、スタートの速さも全然違ってきます。

あぐらをかいた状態から、手を使わずに立ち上がってダッシュ!

――うちの子は、ゴールまで走りきるのも苦手なんです…。

低学年ならそれは普通です。トップアスリートでも、ゴール地点をゴールとして意識していると失速することがあるので、ゴールの数メートル先を意識するとか意識すると良いですね。あとは、目標物を決めてあげると、ちゃんと前に向かって走るようになります。

――速く走るためには靴選びも重要ですか?

はい、けっこう重要だと思います。僕の場合は、アッパーのホールド感がしっかりしている靴が好きでした。走るには足感覚が大事です。砂や芝生を裸足で走るのは、足感覚を鍛えるのにおすすめです。足を強くした上で、自分に合う靴を選ぶのが大切ですね。

息子の足が遅いのは遺伝と諦めていましたが、朝原さんのお話しを聞いて速く走るための練習方法がわかってきました。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――

かけっこに向いているのはどんな靴?

レーザービーム
アシックスのジュニア用シューズ「レーザービーム」。

子どもの場合も靴のサイズや形によってかけっこの速さに違いは出るのでしょうか。レーザービームの開発者である、大澤喬史さんに靴選びのポイントを教えていただきました。

――大人と比べたとき、子どもの足というのは、どのような特徴あるのでしょうか?

大きく違うのは、子どもの足は日々成長しており、変化していくということですね。骨格の形成段階でもあるので、土踏まずが発達していないこと等も特徴としてあります。

――となると、子どもの走りというのも、大人とだいぶ違うんでしょうか?

そうですね。個人差はありますが、大人は、踵部より約45~60度の角度を取って着地するのに対し、子どもは90度近い角度で踵から着地する傾向にあります。飛んで、跳ねて走っているように見えるかもしれません。そのため、個人差はありますが、走行時の着地のバランスが悪いことが多いです。

――着地のバランスが悪いとなると、かけっこの速さは、足のどのあたりと関係してくるのでしょうか?

靴に限定すると、走るときに関連するのが踵部分と考えています。大人に比べると着地が不安定な子どもの足は、着地時にどちらに行くのか?が安定していません。速く走るためには、着地をした際のかかとのブレを抑えてあげる必要があると考えています。

――となると、かかとがしっかりしたシューズが良いということですね。

そうですね。かかとにはホールド感がある(硬めの感触)シューズがおすすめです。ちなみに、シューズのかかとを踏んでいるお子さんをよく見かけますが、これは、せっかくのホールド感が損なわれてしまいます。シューズのかかとは踏まないように注意が必要です。なお、アシックスのジュニア向けシューズの「レーザービーム」には、かかと部分に固い板状の「樹脂カウンター」を内蔵させており、ホールド感のアップとグラつき防止の役割を担っております。

レーザービームは、かかとに「樹脂カウンター」が入っており、ホールド感アップとグラ つき防止の役目を担っている。

息子に靴の機能を説明すると、興味深げに聞いてくれました。子どもはデザインなど見た目を重視しますが、靴の開発は日々進化し、いろいろな素材や機能を備えたシューズが登場しています。子どもと一緒に靴を手にとり、実際に履いてみて違いを感じることが大事ですね。

子どもの足に合った靴選びや、体を気持ち良く動かし走るのが楽しいと感じさせる環境づくりは親の役目。その先に、かけっこで一等賞になる息子の姿があるのだと思いました。

レーザービームはこちら

Photo:Tetsuya Fujimaki
TEXT:Junko Kobayashi