JAPAN SPEED 金具より足にやさしい スパイクを選べ!

足囲に合わせた設計で、あなたの足にあった
スパイクシューズが見つかる

 ナロー(細幅)設計
レギュラー設計
ワイド設計
カラーバリエーション

スタッドスパイクがプロに選ばれる理由とは?

※広島東洋カープ鈴木誠也選手のプレー時足圧を分析してスタッド配置

柔軟性に優れた足入れ感
JAPAN SPEED 新ソール スタッドスパイクについて
読売ジャイアンツ 丸佳浩選手「高校生のスパイクも ついにここまできましたか!」

長時間の練習で、金具のスパイクを履いていると体への負担が大きいので、練習後によくハムストリングスやふくらはぎ、お尻周りが張っていましたが、スタッドソールを履くと、それがないんです。

スタッドソールは、金具と比べて疲労感が全く違うと感じます。
グリップ力も、濡れた芝の上でも止まるので滑る心配はなかったです。

練習用として履くのも良いですが、バッターボックスが明らかに硬い球場以外では、試合用としも十分使える可能性があると思うのでこれから試していきます。

(JAPAN SPEED BLを丸選手が手に持ち)高校生のスパイクもついにここまで来ましたか!!高校時代にあったら絶対に履いていますね。

読売ジャイアンツ 丸佳浩選手

※選手個人の意見です。

広島東洋カープ 田中広輔選手「突き上げが全くないので足に優しいです」

長いシーズン戦うための土台作りを行うキャンプは練習量も多く、いきなり金具のスパイクを履くと、疲労感が残ってしまいます。
このキャンプからスタッドスパイクを履いていいますが、体への負担が少なく、突き上げを全く感じることなくプレーすることができます。 グリップ力も問題なく履いています。

高校生は練習量が多いので、身体への負担が少ないスタッドスパイクを履くと良いと思います。

広島東洋カープ 田中広輔選手「突き上げが全くないので足に優しいです」

※選手個人の意見です。

次世代スパイク誕生

パフォーマンスが持続する、スタッドソール

JAPAN SPEED LINE UP