sketches of the Metaride shoe

デザインの背景 : METARIDE™

自転車に乗ると、ペダル回転の慣性で楽に走り続けることができます。このような日常の経験に着想を得て、METARIDE™ シューズの開発が始まりました。この感覚をランニングでも実現できないだろうか?長距離を楽に走ることのできるシューズを作れないだろうか?と考えたのです。

ASICS shoe designer holding the Metaride shoe.

シューズデザイナーである西村裕彰は次のように説明します。 

「ランニングの動きを推進力に変える方法を見つけることが課題でした。流れるような動き、というアイデアがデザインの核となっていました。このコンセプトについては、長年検討して仮説を立ててはいましたが、プロジェクトを開始した時点で、このコンセプトを追求したことはなく、まったく新しいチャレンジでした。」

「調査の過程でいくつもサンプルを作りました。なかには変わった見た目のプロトタイプもありました。前足部を補強して、カーブしたデザインのソールを取り入れることで、ランニングのストライドを前後に揺れるような動きに変化させれば、ランナーはもっと流れるように走ることができるだろうか、というのが大きな疑問でした。これが METARIDE™ の特徴的な機能である GUIDESOLE™ テクノロジーの基盤となる考えとなりました。

 

従来のランニングシューズは、分割された直線的なソールデザインを採用していましたが、METARIDE™ のソールは曲線で構成されています。自転車とそれを漕ぐ人のように、このロッカーソールはストライドごとに一定の流れるような動きをします。

Metaride running shoe rocking back and forth on it's side.

このアイデアを現実するにあたって、デザイナーと開発者は他にはない課題に直面しました。開発者の石指智規は、開発の舞台裏について次のように述べています。 

「シューズのアイデアはあったのですが、履き心地がどうなるかは履いてみるまでわかりませんでした。驚くことばかりで、良いこともそうでないこともありました。まったく新しいことを試していたので、製造、品質、機能の面で、最初はさまざまな問題がありました。プロジェクトを諦めそうにもなりましたが、問題を1つずつ解決していきました。

Pieces of the Metaride shoe laid out together.

アシックススポーツ工学研究所で複数回テストを実施した結果、METARIDE™ シューズは走りの効率性を高め、体への負担を軽減させることがわかりました。ランナーたちからは、自転車で楽に走り続けるような感覚で、長距離を快適にランニングできるようになったという感想がありました。ランニングテクノロジーの未来の姿がここにあります。