A city scape at sunset.

夜を味方に、ゴールを目指そう



夜走るランナーに知っておいてほしいこと

夜ランは、朝に比べて身体がよく動く、ぐっすり眠れる、紫外線の影響を受けにくいなどメリットがあります。一方で、「夜間のランナーは車から見えにくく危険」、「夜に走る際、暗い色のウエアやシューズは同化してしまう」といった安全性を意識する声も聞かれます。

「何といっても肝心なのは予防です。決して、身の安全をおざなりにしないでください。人は、自分は大丈夫だろうと考えがちです。ランナーの皆さんをおどかすつもりはありません。5分かけて安全策を立てることの重要性を強調したいのです」。 —トッド・ウィリアムス (RunSafer設立者、米国の長距離選手としてオリンピックに2回出場、15K米国記録保持者)           

RunSaferの設立者トッド・ウィリアムさんに、アドバイスをお伺いしました。トッドさんと同団体は、 ランナーに安全な技術を広めるための活動をしています。より安全にランニングを楽しむための主なヒントはこちらです。


周りに注意すること。 目と耳を使って、身の回りに注意を払いましょう。あたりを見回して、雰囲気と周りで起こっていることを把握します。ヘッドフォンで音楽を聞く場合は、ボリュームを落として外の音が聞こえるようにします。 

見えやすい服装をすること。 明るさが足りない状況では、ドライバーにはランナーが見えにくいものです。走る場所にかかわらず、反射性のギアやアクセサリーを身に付け、周りから見えやすくすることで対策しましょう。

夜を味方に、ゴールを目指そう

LITE-SHOW コレクション

暗い中でも視認性に優れたリフレクター付きのアイテムで、夜のランニングを楽しもう。  

Man and woman running at night in LITE-SHOW Apparel and footwear.
GEL-NIMBUS™ 22

GEL-NIMBUS 21 LS

GT-2000™ 7

GEL-KAYANO 26 LS

GEL-CUMULUS™ 22

GEL-CUMULUS 21 LS