今こそ、あなた
だけの走りを


さまざまな大会の中止
・延期が発表された今シーズン。

「なぜ走っているのか?」そう考えた
ランナーも多いのでは。

今シーズン、アシックスでは
バーチャルレースの
主催・サポートを実施します。

online_marathon_about1

アシックスからRUNを
変えていく。
バーチャルレース始動。

バーチャルレースは、フィットネス・トラッキング・アプリ
「ASICS Runkeeper™」を活用した
新しいランニングスタイル。

どこからでも、好きなときに、
自分のペースで、オンラインで
参加できるのが魅力です。

どうやって楽しめばいいの?

コース選びや時間帯、給水や
補給食の準備などを
考えるのは、
ランナー自身。
レースディレクターに
なったつもりで、
あなただけの特別な
ランニングコースを作りましょう!

Runkeeper®を使えば、
仲間や同じ大会に参加したランナーと
繋がることもできます。
「ひとりで走っているようで、他の
ランナーたちと一緒に走っている」
「仲間が応援してくれている」
そんな気持ちで走ってみましょう。

online_marathon_about2





どんな大会が
あるの?


アシックスがサポートする、
現在参加可能な
バーチャルレースはこちらです。
詳しくは、各大会の
エントリーページをご確認ください。





参加方法は?


ウェブもしくは「Runkeeper®」
アプリからお申し込みください。


※ウェブでの申し込み対象の大会:神戸マラソン ONLINE、奈良マラソンONLINE 2020、ASICS World Ekiden 2020
※Runkeeper®での申し込み対象の大会:ASICS World Ekiden 2020

ウェブでの申し込み


各大会エントリー
フォームにアクセスし、
参加登録を
してください。

必要情報を入力し、大会エントリーを
完了させてください。

神戸マラソン
神戸マラソン ONLINE

エントリー10/22~10/30(先着)

奈良マラソン
奈良マラソン ONLINE 2020

エントリー10/23~10/29(抽選)

EKIDEN RELAY
ASICS World Ekiden 2020

エントリー 10/1~11/22

Runkeeper®での
申し込み

Runkeeper®-GPS フィットネス・トラッキング・アプリ

STEP1

Runkeeper®アプリを
スマートフォンに
インストール

画面に従って会員情報を登録します。

※すでにインストール済みの方は
最新版にアップデートが完了しているか
ご確認ください。
※Runkeeper®で申し込みできる大会はASICS World Ekiden 2020のみです。

Runkeeper® エクスプローラー

STEP2

Runkeeper®アプリを
起動し、
「エクスプローラー」をタップ

Runkeeper® エクスプローラー画面レースタブ

STEP3

「レース」から
参加したい
大会カードを
選ぶ

各大会エントリーフォームに
遷移します。
必要情報を入力し、大会エントリーを
完了させてください。





土屋太鳳さんからの応援メッセージ


アシックスアンバサダーの土屋太鳳さんからのスペシャルメッセージをご紹介します。

バーチャルレース、
私ならこう走る。

せっかくのバーチャルなので、条件や雰囲気が実際のコースとは全然違う場所で走ってみたいです。私なら、まずは自宅の近くを!子どもの頃から走ってきた懐かしい場所で、お気に入りのウエアとシューズを身に着け、張り切りつつも聴く音楽はゆったりした癒し系を。ギャップを楽しみながら走ってみたいです。

バーチャルレースを走る
ランナーのみなさんへ。

ずっと楽しみにしてきたいろいろなことが、形を変えてしまった2020年。走ることを愛する方々も、残念な思いをなさってきたと思います。でも、もしかしたら目の前に、新しい時代への扉が待っているのかもしれません。バーチャルレースは、まさにそのひとつ!是非それぞれのランナーの世界の中で新たな扉を軽やかに開き、思いきり楽しんでください!

アシックスアンバサダー 土屋太鳳さん





ランナーたちの
チャレンジを
サポートする
アイテム


バーチャルレースをより快適に
楽しむためのアイテムを
ピックアップ。

METARACER

METARACER

METARACER


アスリートの快適な通気性と
高速走行をアシスト。
ガイドソールとカーボンプレート
搭載のレーシングモデル

GEL-KAYANO 27

GEL-KAYANO 27


着地時の衝撃を緩衝する
クッション性と、
磨き上げられた
安定性と快適性。
初完走は、GEL-KAYANO 27

KAYANO
ENERGY SAVING FAMILY

ENERGY SAVING FAMILY

ENERGY-SAVING-FAMILY


ランニングをもっとラクに、
もっと長く。
スムーズな重心移動と効率的な
走りをサポートするシリーズ

BLAST BEYOND SERIES

BLAST-BEYOND-SERIES.


足を包み込むような
やわらかい履き心地で、
走ることがさらに楽しくなる。
トランポリンから着想を得た
シリーズ

BLAST BEYOND SERIES





Run with Fun.
コーチが教える、楽しく走りきるコツ。


バーチャルレースを楽しく走り切るためのポイントを、アシックスラン東京丸の内の小谷浩コーチに聞きました。

バーチャルレース1

「制限時間なし」のメリットを活かそう。

バーチャルレースの特徴は、時間制限がないこと。ゆっくりペースのビギナーでも、制限時間に追われることなく走ることができます。中~上級者にとっては、長時間走り続ける練習にもなりますよ!42.195kmを自分なりの時間の使い方で走りましょう。

今まで行ったことのない場所を走ってみよう。

コースを自由に設定できるのがバーチャルレースの魅力。気になるスポットをつないだり、地元の観光名所をまわったり、楽しく走れるコースを考えましょう。走力に自信がある人は、自宅をゴールに、42.195km離れた場所からスタートするのも良いですね!

バーチャルレース2
バーチャルレース3

エイドがないからこそ、
水分や食糧の準備はぬかりなく。

まず、バーチャルレースは給水所がないので、水分補給のボトルと、ボトルが入るポーチは必携です。なお、コンビニを活用すれば少ない荷物で走ることができるので、ワンウェイコースを走るランナーはコンビニの場所もチェックしておきましょう。電子マネーや小銭、コンビニに入る際の配慮としてマスクは必携です。ネックカバーをマスク代わりに使うのも良いでしょう。

走力に不安がある人は、周回コースを。

走力に自信のない人は、周回コースがおすすめ。たとえば、皇居のような1周5㎞前後のコースであれば、疲れたら少し休むこともできます。また、ランニングステーションや休憩ポイントに水分や補給食を置いて走れば、少ない荷物で走ることができます。

バーチャルレース4
バーチャルレース5

コーチにじっくり相談するなら、今!

バーチャルレースに備えて、ランニングステーションに常駐するコーチにアドバイスを求めてみるのもおすすめです。ランステのコーチに相談したいけれど、グループランイベントやランニング相談会が苦手という人は、オンラインクリニックなども活用しながらチャレンジしてみましょう!

ウエアやシューズもランニング用に一新!
気分を上げよう。

外出自粛期間中にランニングに目覚めた人のなかには、手持ちのスニーカーで走っている人も少なくありません。ぜひシューズとウエアはランニング用に一新を。気分も上がりますし、走ることを考えて作られているアイテムですから、快適に走ることができますよ。選び方に迷ったら、ランニングステーションのコーチに聞くのも良いと思います。

バーチャルレース6
バーチャルレース7

応援や記録に、スマホアプリを活用しよう。

写真や動画をSNSにアップしながら走って、オンラインで応援してもらいましょう。仲間と走る時間だけ決めておけば、SNS上で応援しながら走ることもできます。また、バーチャルレースはフィットネス・トラッキング・アプリ「Runkeeper®」を使いますが、ぜひ日々のトレーニングでも活用してみてください。スピードやペースといったトレーニングの参考になるだけでなく、記録を見返して、自分の頑張りを褒めてあげましょう!

万が一の準備は、
ランニング用のポーチにまとめて。

当日の体調や天気次第でレース日を変えられるのもバーチャルレースの良いところ。荒天や体調が悪いなか無理して走る必要がないので、ランナー自身の安全対策にもなります。ただ、実際に走る場合は、普段の大会と違って救護所がないので、安全面の対策は必要です。道迷いやケガをした時のための連絡手段として、スマートフォンとバッテリーは必携。また、緊急連絡先やご自身の血液型などが書かれたカードなども持っておくと良いでしょう。持ち物は少し増えますが、ランニング用のポーチにまとめれば、荷物をコンパクトに携帯できますよ。

バーチャルレース8

42.195kmは、速い人にとっても、ランニングビギナーにとっても同じ距離。制限時間がないとはいえ、この距離を走り切るには、それなりに体力が必要です。42.195kmを少しでもラクに楽しく走るためにも、練習はきちんとやりましょう。みなさんと一緒にチャレンジできることを楽しみにしています!

教えてくれたのは

小谷浩さん(アシックスランニングクラブコーチ)

アシックスラン東京丸の内常駐のランニングコーチ。国内外のマラソンや国際マラソンなど多くのレースに出場した経験や、東京マラソンのペースセッターなど、豊富な経験を活かし、ビギナーから上級者までさまざまなレベルのランナーをサポートしている。シューズやウエアに関する知識も豊富なので、店頭で見かけた際はぜひ相談を。

アシックスラン東京丸の内については、こちら

オンラインクリニックも実施中





ベストを尽くす
ために


たとえバーチャルレースでも、
しっかりトレーニングをして、
体調を整えることで、より良い
パフォーマンスが発揮できます。
チャレンジ前に読んでおきたい、
おすすめ記事はこちら。





さあ、もう一度、
走りはじめよう。


走るのを止めていた人も、
走り続けていた人も、オンラインで
走る楽しさを思い出そう。