万全の準備でバレーボールを始めよう!

中学高校でバレーボール部に入部したり、
バレーボールを始める部活生に向けて、
ポジション別におすすめのバレーボールシューズを紹介します。

バレーボール ポジションの役割

ポジションは大きく前衛3人と後衛3人に分けられます。
前衛は主にアタックやスパイク、ブロックを担当し、
後衛はレシーブで相手の攻撃を受け止め、
バックアタックなどで攻撃します。

position

具体的な役割

  • セッター:トスを上げるチームの司令塔。レシーブで上がったボールの下に素早く移動し、的確な位置へのトスを上げることが求められる。
  • ミドルブロッカー:ブロックや曽於港などネット際の要。相手のトスワークに反応する俊敏性と、くりかえすジャンプが求められる。​
  • アウトサイドヒッター:スパイク・レシーブ・ブロックとあらゆるシーンでマルチな活躍が求められるオールラウンドプレーヤー。​
  • オポジット:攻撃の要。点を取ることが何よりも求められるチームのエース。
  • リベロ:ボールをコートに落とさないことが求められる。チームの守護神。

ポジション別おすすめシューズ

ポジションによって
動きや役割が異なるバレーボール。​
自分のプレーに合った
バレーボールシューズを選ぶようにしよう。

ROTE JAPAN LYTE FF 2

セッター/
リベロ

推 奨

チャンスに手が届く

  • 平面でのスピード/反応​
  • コートにボールを落とさない​
  • ボールの下に素早く移動する
V-SWIFT FF 3

アウトサイド
ヒッター

推 奨

得点までの最短距離

  • スパイクまでの素早いアプローチ​
  • 軽量とクッションのバランス
  • オールラウンドなプレーに対応
NETBURNER BALLISTIC FF 3

ミドルブロッカー/
オポジット

推 奨

ネット際の攻防を制す

  • ネット際の我慢比べに勝つ​
  • 繰り返すジャンプの負担軽減
  • ゲーム終盤まで高さを維持する​

必要な機能を備えた
競技用シューズを選ぼう

高くジャンプしてスパイクを打ちこんだり、
コートに入ったボールに素早くダッシュして
レシーブしたりするなど、
バレーボールプレーヤー
にはいろいろな動きが求められる。
バレーボールの競技用シューズなら、
激しい動きをサポートして自分の持っている力を
引き出してくれる。
クッション性など機能も確認しよう。

STARTUPGUIDE

屈曲性

さまざまな動きに対して足になじみやすい。

STARTUPGUIDE

グリップ性

素早い動きに対応して止まりやすい。

STARTUPGUIDE

クッション性

ジャンプの着地時などに足への衝撃をやわらげる。

POINT

バレーボールシューズは室内専用

バレーボールシューズは室内での使用を前提に
設計されており、外で使用するとソールが早くすり減ったり、滑って転倒するおそれがあります。
シューズは体育館だけで履くようにしよう。

STARTUPGUIDE

試し履きは、ここをチェック

シューズを買う時は、そのシューズが本当に自分の足に合っているか確かめることが大切。
いくら優れた性能をもつバレーシューズでも足に合わなければ十分な効果を発揮できません。
必ず両足を試し履きして、次の3つのポイントをチェックしよう。

STARTUPGUIDE

つま先に余裕はあるか

シューズを履いて親指の先あたりに
指1本くらいの余裕があると動きやすい。

STARTUPGUIDE

足幅に圧迫感がないか

足幅が一番広い部分に圧迫感がないか、
指でおさえながら確認。

STARTUPGUIDE

履き口のフィット感はどうか

足首を回したり、ジャンプをして、
履き口にくるぶしが当たらないか確認。

POINT

シューズの買い替える
タイミングも重要

毎日トレーニングをしていると、シューズの
クッション性などの性能が低下しケガにつながる
おそれもあります。
足を守るためにもシューズの状態をこまめにチェックしておこう。

インナーソール(中敷):
かかとや足指の付け根部分など足裏が硬くなってきたら、インナーソールを買いかえよう。
アウターソール(靴底):
靴底の溝がすり減ってきたら、シューズの買いかえ時です。

初心者におすすめの
バレーボールシューズ
GEL-ROCKET 10

初めてのバレーボールを足元からサポートする、
フィット性を追求した入門モデル。