『42195DASH!!』イベントレポート公開!みんなのバトンがつながりました!

2018/12/25

■536名が全力疾走、会場中のあちこちで声援、ハイタッチ!

2018年11月24日(土)、東京2020オリンピック競技大会開幕から20か月前。
東京、代々木公園陸上競技場にて、1歳8か月から60歳までのランナーが、みんなでひとつのチームになってフルマラソンの42.195kmをリレーする『42195DASH!!』が開催されました。

 

■ゲストも全力疾走。会場がひとつになりしました!

福島千里選手、山本篤選手の選手宣誓の後、スターターをつとめたのは、アシックスのブランドアンバサダーでもある土屋太鳳さん。
第一走者を務めた渋谷区長の長谷部健様の195mの疾走から、アンカーの桐生祥秀選手がゴールテープを切るまで、一般のランナーの皆さんと、ゲストランナーの想いを乗せたバトンはつながり、無事にゴールしました!

◎ゲストランナーのみなさま

◎記録を前に。

◎東京2020マスコットのミライトワ、ソメイティも応援。

◎リレーだけでなく、さまざまなアクティビティが催されました。

■あの感動をもう一度。ぜひ映像をご覧ください。

 

全員が全力でつないだタイム「2時間14分39秒」。
この記録は女子のマラソン世界記録:2時間15分25秒(単独。2018年12月13日現在。出展:IAAF(国際陸上競技連盟)公式サイト)を上回ります。
これは参加された皆さんおひとり、おひとりが紡いだ、みなさんの「可能性」の証明です。
「やればできる」。
だからこれからも、スポーツを楽しんで、少しでもいいので体を動かし続けてほしい、と願っています。

また同時に、たゆまぬ努力を続けて、個人として記録をつくるトップアスリートの実力も、同時に感じていただけたかと思います。
どんな競技でも、ひとりのアスリートでも結構です。思い入れを持てる競技/選手/チームを見つけて、ぜひたくさんのスポーツを観戦し、声援を送っていただきたいと思います。
その声援が、今回のように実を結び、選手たちがまた次の境地へ足を踏み入れるきっかけになるはずです。

ご参加いただいた皆様、本当に、ありがとうございました。

※アシックスは、スポーツ用品で唯一の、東京2020ゴールドパートナーです。

最新ニュース