MESSAGE

カラダの動きから生成されるMotion Visual Identity

「ぜんぶ、カラダなんだ。」キャンペーン開始に合わせて、実際の“カラダの動き”をモーションキャプチャーシステムで捉え、その動きから描き出されたMotion Visual Identity(モーションVI)を新たに開発。

踊る人(ダンサー)のアオイヤマダさん、歌舞伎役者の片岡千之助さん、マラソンランナーの川内優輝選手の3名を起用し、一人として同じものはない、固有の“カラダ”の動きが反映された、ビジュアルとなっています。

片岡千之助 | 歌舞伎役者

アオイヤマダ | 踊る人

Motion Visual Identityの作られ方

アオイヤマダさんのモーションVIができるまでを動画でご紹介。ダイナミックなカラダの動きから、モーションⅥが生成されるプロセスをご覧ください。

STEP1

モーションキャプチャーシステムが、アオイヤマダさんのダンスの 動きをリアルタイムに記録。

STEP2

モーションキャプチャーで記録された ダンスの動きと、シューズのカラーを取り込み、グラフィックを生成。

STEP3

ダイナミックなカラダの動きを切り取り、「ぜんぶ、カラダなんだ。」のグラフィックが完成。