はだし化宣言


 はだしになった子どもは楽しそう。

くすぐったさの中にも、足裏でしっかり大地をつかむ確かな手ごたえ。はだしの感覚は、子どもの中に眠る自然を目覚めさせます。現代の子供たちに偏平足や外反母趾などの障害が増えたのは、過度なクッションのある土の上を、足ゆびを存分に動かして走り回る機会が少なくなったから。だからスクスクは、「土の上のはだし」を目指しました。いきいきと体を動かす子どもたちの、輝く笑顔が一番の答えです。


ポイント1:はだしのように、ゆびを使って踏ん張れる。
フィット性がいいから、シューズの中で足がずれにくく、踏ん張る力が路面にしっかり伝わります。靴型も子どもの成長に合わせた扇型。指がのびのび動かせます。

ポイント2:はだしのように、足なりに曲がる。
筋肉の弱い子どもに、硬い靴底は適していません。スクスクなら、足の動きに沿って靴底がしなやかに曲がります。

ポイント3:はだしのように、足がサラサラ。
特に発汗量の多い子どもたちのために、汗を素早く吸い上げて発散し、消臭・抗菌効果を発揮する中敷を採用しました。

ポイント4:はだしで土の上を歩くようなクッション性。
衝撃をやわらげ、しかも接地感が得られる適度な厚みの靴底。硬いアスファルトでも、まるではだしで土の上を歩くような感覚です。

 

子どもの能力は無限大――運動することは脳を鍛えること。

視覚、聴覚、触覚、運動、言語、手の機能。この人間の重要な6つの機能は、一本のヒモで結ばれた6つの球のようなもので、一つを持ち上げると他も上がります。運動能力を高めることは、たとえば言語能力を発達させることにもなるのです。「歩くこと」「走ること」が、子どものあらゆる能力の基盤を築きます。(グレン・ドーマン博士)

はだし化宣言