ランニングをする前に|プロネーションとは

「プロネーション」とは、着地の衝撃を分散するために、着地時にかかとが内側に倒れ込むように動く人体の自然な動きです。

内側への倒れ込みが大きい方や、外側に倒れ込む方は、ひざの関節など脚に過度な負担がかかったり、衝撃緩衝の効果が不充分なために、痛みや怪我につながったりすることがあります。特にビギナーの方は十分な筋肉がついてなかったり、ランニングフォームが安定していなかったりする場合が多いので、プロネーションの観点から、足をサポートするシューズを選びましょう。自分の走り方にあったシューズは怪我を防ぐことにもつながります。

走行測定からわかる
3つのプロネーション

かかとの倒れこみの度合いによって、プロネーションを3つに分類できます。

種類とシューズ選び

pronation - AJP-CC01-4col-R-17-running_pronation_over.jpg

オーバープロネーション

着地の際に、かかとが大きく内側に倒れ込み過ぎている状態をいいます。着地が不安定になることで、脚の筋肉や関節とともに膝にかかる負担が大きくなる傾向があります。

ランニングの衝撃をより効果的に分散し、過度なプロネーションを抑制する安定性に優れたシューズがおすすめです。

代表的なモデル GEL-KAYANO シリーズ / GT-2000 シリーズ

pronation - AJP-CC01-4col-R-17-running_pronation_neutral.jpg

ニュートラルプロネーション

着地の際に、かかとが適度に内側に倒れ込んでいる状態をいいます。余分な力がかかりにくい、スムーズな足の運びといえます。

ニュートラルプロネーションの場合、さまざまなシューズを選んでいただけますが、クッション性とサポート力を備えたニュートラルなランニングシューズが適しています。

代表的なモデル GEL-NIMBUS シリーズ / ENERGY SAVING SERIES

pronation - AJP-CC01-4col-R-17-running_pronation_under.jpg

アンダープロネーション  

着地の際に、かかとの内側への倒れ込みがあまりみられない状態をいいます。着地衝撃を緩衝する動きが小さいため、大きな着地衝撃力を生じやすく、身体への負担が大きくなる傾向があります。
アンダープロネーション(サピネーション)の方は、衝撃による足への負担が大きい傾向にあるため、シューズの外側に沿ったクッション材が足の外側への回転を抑えるクッション性の高いランニングシューズを選んでください。

代表的なモデル GEL-NIMBUS シリーズ

プロネーション別
おすすめシューズ

ランニング時に足が着地する際のかかとの傾きと走行中の足の傾き(プロネーション)の度合いによって、おすすめするシューズの設計は異なります。以下は代表的なモデルですが、履き心地や好みなどで選んでみてください。

GEL-KAYANOシリーズ | GT-2000シリーズ
オーバープロネーションの方におすすめのモデル。「フルマラソン完走をより身近にするシューズ」という目標のもと、安定性やクッション性を重視しながら、軽量性や反発性の向上などにも努めたモデル。

GEL-NIMBUSシリーズ
着地時にかかとが適度に内側に傾くニュートラルプロネーションのランナーと、かかとの内側への傾きが小さいアンダープロネーションのランナーに適したシューズ設計。ほかのモデルに比べ衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」を大型化し、靴底も厚めにしてクッション性を高めています。

●=ウイズ(足囲)展開あり

プロネーションテストを受ける

pronation ASICS RUNNING ANALYZER

ASICS RUNNING ANALYZER(アシックスランニングアナライザー)

AI(人工知能)画像解析技術を用いたプロネーションタイプ判定サービスです。トレッドミル上での走行を10秒程度撮影し、ランニング時の足の運びを分析します。

提供店舗:アシックス東京銀座 / アシックス原宿フラッグシップ / アシックスラン東京丸の内 / アシックスストア大阪

※計測代:無料でご案内中
※ご予約不要 

シューズの選び方

running silo protect hero
running silo energy small
running silo speed small
running silo trail small