ランニングは比較的コストのかからないスポーツですが、ランニングシューズへ投資してみるのも、悪い選択ではないかもしれません。シューズへの投資は、怪我の予防に繋がるし、何よりも、ランニングという趣味に、より没頭できるキッカケを与えてくれるはずです。ランナーにとって最も重要なアイテムである、ランニングシューズ。ここでは、あなたに合ったシューズの選び方をご紹介します。

外見で選ぶのはやめる。

まず、ランニングシューズを選ぶときに、外見だけで選ぶのはやめましょう。もちろん好みの色やスタイルがあるのは分かりますが、自分の足へのフィット感に比べれば、ランニングシューズにおいて、それらは、さほど重要な要素ではありません。もしランニングシューズを使用したことがなければ、アドバイスができる専門知識を持つスタッフのいるランニングシューズ専門店を訪れてください。特に幅広、幅細などの場合は、あなたの足に合ったシューズをすすめしてくれるはずです。近くにアシックスストアがあれば、FOOT ID(足形測定)サービスを受けてみるのも良いでしょう。足の形、プロネーション、歩き方を調べ、自分に適切なタイプのシューズを見つけることができます。

自分のランニングスタイルを知る。

次に、自分のランニングスタイルを知りましょう。スタッフは、フィット感だけでなく、ランニングスタイルを考慮して、あなたに合った一足を提案します。ランニング時に足が内側に傾くオーバープロネーターなのか、外側に傾くアンダープロネーターなのか。それらを知っておくことで、足への負担を軽減するためのクッション性が必要なのか?安定性が必要なのか?が分かり、よりあなたに合ったシューズに巡り合うことができるはずです。既に自分のランニングスタイルを知っているのであれば、SHOE FINDERを試してみてみるのも一つの手。ランニングスタイルに関するいくつかの質問に答えるだけで、おすすめのシューズが見つかります。

試着時の履き心地に注意する。

シューズを試着する際には、履き心地に注意しましょう。余裕があり過ぎるのも、窮屈なのもいけません。つま先部分に十分な空間(つま先とシューズの先端に1cmほどの間隔)があるといいでしょう。足首がしっかり固定されているかも重要です。ゆる過ぎたり、キツすぎたりすると、ねん挫や足の痛みを引き起こすため、まずは試着して歩き、動いた時の履き心地に問題ないかを確認してください。

実際に走ってみる。

実際に履いて、ランニングしてみましょう。走ると足は広がるので、その状態でもシューズサイズが適切か確認します。ランニングシューズを購入する場合、通常のシューズサイズよりもハーフサイズ大きいものをすすめるスタッフもいますが、実際にはシューズによって異なるので注意してください。最も重要なのは、試着をしながら、自分に合ったモデルを見つけていくことです。トレッドミルでの試走が可能な専門店が多く、屋外でのテストランができるところもあります。オンラインで購入する場合は、返品ポリシーを良く読み、自分に合わなければ返品できるかどうかを確認しましょう。初めて走った時のフィット感にも注目してください。ランニングシューズは、履き慣らす必要はなく、初めて走った時のフィット感が正しいと言われています。

何よりも真剣に選ぶこと。

そして、ランニングシューズを選ぶ際に最も大切なことは、“真剣に選ぶこと”です。ランニングシューズは、高額投資になることもありますが、あなたをどこまでも運び、快適で健康、そして幸せな“趣味の時間”を作ってくれるはずです。


ランニングシューズはこちらから。

MEN
WOMEN