厳しい暑さも去って、外を走るのが心地よい季節になりましたが、季節が変わって涼しくなっても、変わることなく続くのが、メイクと汗との攻防戦。走っている時だって、キレイを諦めたくない!そんな女性ランナーのために、今回は、資生堂ヘア&メイクアップアーティストの山田暢子さんが、崩れにくいベースメイク&眉メイクのポイントを教えてくれます!

厚塗りしないことが崩れにくいベースメイクの秘訣

屋外スポーツ時のベースメイクは、紫外線をしっかり防ぐことがまず第一。でもそれだけでなく、いつものメイクのように、肌のトーンを整えて美肌に見せたいもの。もちろん、汗をかいても崩れにくいように仕上げたい!

「しっかりカバーしたいからといって、日焼け止めも BBクリームも、たくさん塗れば良いというものではありません。厚塗りすれば、そのぶん崩れやすくなります。ベースメイクは、しっかりと肌に密着させるのがポイント。そして実は、メイク前に化粧水をしっかり浸透させ、乳液で閉じ込めておくことも、崩れにくく仕上げるためには大切。スキンケア後にすぐに日焼け止めや BBクリームを塗るのではなく、しばらく時間をおいてしっかりと肌に馴染ませてから、ベースメイクをしてください」(山田さん) それでは、山田さんと一緒に、汗をかいても崩れにくい、基本のメイクの4つのポイントを解説しましょう。

基本のメイクの4つのポイント

汗をかいても崩れにくい美肌と美眉を手にいれる4つのポイント

1)日焼け止め効果の高いBBなら日焼け止め不要。塗り重ねなくていいので、崩れにくい仕上がりに。まず頬にのせ、中指と薬指の腹を使って、顔の外側に向かって伸ばす。伸ばしたら、手のひらで肌を包み込むようにして、なじませる。カバーしたい気になる部分は指先でトントンと軽くたたくように重ねづけする。

2)Tゾーンは汗をかいて崩れやすい部分なので、厚塗りは最もNG。指や頬に残った分を伸ばしていくこと。

3)眉を描くときは、まずルースパウダーで眉のベタつきを抑えて、崩れにくくする。ブラシを使って毛流れに逆らうようにしっかりとパウダーをのせる。あぶら取り紙でベタつきを抑えるだけでも効果的。

4)スポーツ時の眉メイクは、眉マスカラがおすすめ。耐久性が強く、汗をかいても流れ落ちにくい。眉の毛流れを整えるように、眉毛にマスカラを絡めながら塗ること。

汗をかいても崩れにくい美肌と美眉を手にいれる4つのポイント

崩れにくい基本のメイクで走るワタシを楽しもう 

 特別なアイテムを使わなくても、ポイントを抑えれば崩れにくいメイクができます。メイクが決まれば、楽しく、自信を持って走れるはず。汗に負けない基本のメイクで、いつもより遠くまで、いつもより軽やかに、ランニングを楽しんでください! 次回はイベントや大会でひときわ輝く、「崩れにくいポイントメイク&まとめ髪」をご紹介します。お楽しみに!

使用アイテム


【使用アイテム】

SHISEIDO「BBフォー スポーツ/ダーク」¥4,536

PLAYLIST「スキンテクスチャーパウダー 3D/ミディアム」¥3,024

マキアージュ「アイブロウ カラーワックス/ライトブラウン」¥1,944(すべて資生堂)

【モデル着用アイテム】

W'Sランニングパッカブルジャケット ¥9,612

W'SトレーニンググラフィックTシャツ ¥3,780

W'Sランニングプリントトランクス ¥5,292(すべてアシックス)


汗に負けないランガールのためのワントーンメイク!彩りアップ編はこちら


TEXT : Sachiko Kawase   PHOTO : Fumiko Nakayama