「幸也飯」を象徴する、鮮やかな盛り付けの一品

運動だけではなく食事を含めて体づくり。そんな運動のお供に取り入れてほしい一皿を、料理家が栄養バランスを考えてご提案するのが「運動ごはん」です。


第5回目は、「幸せを届けること」をコンセプトに彩り華やかな料理を作る、話題沸騰中の若き料理家・寺井幸也さんが登場。前編では体づくりのための食事を「制限」ではなく「バランス」としてポジティブに捉えるメニューとして、雑穀焼きおにぎりとササミたらこの出汁茶漬けを披露してくれました。

寺井幸也さん

後編は寺井さんの代名詞である「幸也飯」を象徴する鮮やかな盛り付けの一品、「オレンジとサーモン、きのこのボリュームサラダ」をご紹介します。

雑穀焼きおにぎりとササミたらこの出汁茶漬け

きのこに含まれているビタミンB群には、糖質や脂質からのエネルギーづくりをサポートしてくれる働きがあり、スタミナ維持に効果的です。さらに、サーモンに含まれるタンパク質の代謝を助ける働きも持つため、筋力アップにも効果を発揮。ドレッシングはバランスを考える寺井さんらしい一工夫が。
「雑穀焼きおにぎりとササミたらこの出汁茶漬けと同じように、サラダにも運動で温まった体を冷まさないための要素を盛り込みたいと考えました。そのためのアプローチとして、ドレッシングにすりおろし生姜を混ぜ合わせています」


<レシピ>
オレンジとサーモン、きのこのボリュームサラダ

【材料】
・生食用サーモン 250g
・しめじ 30g
・エリンギ 1本
・オレンジ 2分の1
・ごま油 小さじ2
(A)
・ベビーリーフ 1袋
・サニーレタス 3枚
・水菜 1束

【つくり方】
1.(A)は食べやすいサイズにちぎり水切りをしておく。
2.オレンジ1/2を6等分のくし形に切り、身だけになるように皮を切る。しめじとエリンギも食べやすいサイズに切り、ごま油をひいたフライパンで焼き色がつくまで炒める。
3.グリーンサラダにだけドレッシング半分をかけよく絡ませ、馴染んだらお皿にオレンジ、きのこも合わせて盛り付ける。最後に残ったドレッシングをかけたら完成。お好みでブラックペッパーや粉チーズをかけてもOK。

「盛り付けのポイントは料理に高さを出すことです。平べったく作らずに凹凸を作りましょう。いろいろな形を組み合わせながら、色合いを表現することも意識してみてください。今回のようにオレンジやグリーンが鮮やかなサラダは、黒いお皿でトーンダウンすると、グッと締まった雰囲気に仕上がりますよ」

寺井幸也

レストラン勤務を経て、2015 年よりケータリング「幸也飯」を開始。「幸せを届ける」美しく華やかな料理は、有名モデルや芸能人、Instagram(@yukiya.terai)でも常に評判。2017年12月13日に初のレシピ本『幸也飯~彩り映える・おもてなしの作りおき~』を辰巳出版より発売。発売予約開始日にアマゾン和食ランキング1位、レシピ本総合ランキング5位に入るなど、今最も注目を集める料理人の1人だ。
寺井幸也 instagram



TEXT:Shota Kato PHOTO:Tetsuya Yamakawa